著者:関勉
発行:関勉
印刷:近森謄写堂
印刷日:1993年12月15日
発行日:1993年12月20日
13.5cm×19cm/208ページ

Ⅰ 関・ラインズ彗星の発見  Ⅱ 戦禍の後に  Ⅲ クロムメリン彗星を追って  Ⅳ 帰らぬ星 

裏表紙の下端に「関彗星発見30周年記念出版」と銘打たれています。
表紙の写真は、1987年にフランス天文学会より著者に贈られた「フランス天文学会100年賞」の銅メダルです。

内容構成は、新聞連載時と同じですが、「あとがき」で著者も記しているように最初の発表から30年近くたっているので、「古くなったところは適当に改め、また本文中、新たな発想の下に、書き加えた部分も可なりある」ようです。しかし各章のタイトルは、三恵書房版と比べてより内容に沿ったものとなっていて、容易に文中に入り込んでいくことができます。Ⅳ章の「帰らぬ星」は、セキ第一彗星発見までのドラマです。本文はⅣ章で終わりですが、「あとがき」は第Ⅴ章といってもよいほどの興味深い内容です。「あとがき」の文字のすぐ横に「星を見つめた四十年」の文字が添えられています。

ところで、この本は著者のサイン付きです。かなり昔、高知市内の本屋さんから購入したのですが、こちらからお願いしたわけでもないのに、著者とお知り合いということでわざわざサインを貰ってきたくださったのです。こころよくサインに応じてくださったであろう著者と本屋さんに感謝です。
d0163575_14185268.jpg

[PR]
著者:関つとむ
発行:三恵書房
1973年3月10日 初版発行
定価:680円
13cm×18.5cm/236ページ

第1章 生きていた彗星 第2章 戦禍の後に 第3章 失踪星を追って 第4章 怪天体あれこれ 第5章 帰らぬ星

イイロ印刷版とおなじように五つの章に分かれていますが、イイロ印刷版の第5章「世紀の大接近」にあたる部分、つまりイケヤ・セキ彗星発見事情は掲載されていません。

かわりに第4章「怪天体あれこれ」が加わっています。イイロ印刷版の第5章は新聞連載終了後に加えられた部分なので、この「三恵書房版」は新聞連載時とおなじ体裁で作られていることになります。

また、使用されている写真も少し入れ替えています。
・・・で、本のカバーですが、表のデザインはお馴染みと思いますので、ここでは「カバー裏」を載せます。
d0163575_19505610.jpg

裏表紙にはこの本の推薦文が書かれています。

通常、推薦文や著者紹介文はタイトルページに近いところか、目次に近いところにあるのが多いと思います。あるいは「帯」に書くとか。

しかし、この本では裏表紙に推薦文があり、しかも表紙に使っても良いような関氏の写真とともに推薦者の
佐伯恒夫氏の写真と推薦文が載っていますので、読者の興味はスムーズに本文内容に移るように思われます。

裏表紙の下方の関氏の写真は「帯」の部分に印刷されていますが、その「帯」をめくるとさらに「喜びと苦しみの織りなす天体発見の感動のドラマ」の文字。

もう一度、表紙に戻って「帯」の文を読むと「18歳の高校生が、本田彗星に刺激されて・・・・(以下略)」となっていて、なかなか本文までに進めません。

表紙デザイン、裏表紙の写真と推薦文、帯の文面を何度も読み返し、本文内容のイメージを膨らませながら、おもむろにページを開くと・・・・。
[PR]
著者:関つとむ
発行:関記念出版会
印刷:イイロ印刷株式会社
印刷日:昭和41年5月15日
発行日:昭和41年5月20日
定価:290円
10.5cm×17.5cmの新書サイズ/290ページ
全体が五つの章立てで、第1章 生きていた彗星 第2章 戦禍の後に 第3章 失踪星を追って
第4章 帰らぬ星 第5章 世紀の大接近 となっています。

この本は元々は、昭和40年8月12日から40回にわたって高知新聞に連載されたものをまとめたものですが、「あとがき」を見ますと「イケヤ・セキ彗星の発見は、その連載期間中に起こったのであったが、それが新聞に報道されたのは、ちょうど連載が終ったその翌日であった。」と書かれています。第5章が「イケヤ・セキ彗星」の発見事情に関するもので、これは出版に当たって新たに書き加えられたものとのことです。d0163575_1192588.jpg
[PR]
画像左の「イケヤ・セキ彗星 未知の星を求めて」は、関記念出版会発行の新書版で、わたしは三恵書房の「未知の星を求めて」と区別するために個人的に「イイロ印刷版」と呼んでいます。「イイロ印刷」とはこの新書を印刷した印刷所の会社名です。
d0163575_6574828.jpg
右側が三恵書房発行の「星と青春の記録 未知の星を求めて」です。
[PR]
新聞の写真の撮影時刻は、10月11日午前4時40分で花山天文台から北山誠写真部員撮影。ニコンSP、85ミリ、15秒露出。右側は、10月29日にハワイで写されたイケヤ・セキ彗星。
近日点通過(10月21日)後の雄姿で、この頃の尾の長さは約15度でした。

因みに新聞記事の下の2枚(前日の画像を参照)はイケヤ・セキ彗星ではありません。左側の切り抜きは「セキ第一彗星」(1961年10月11日発見)で、右側は、1962年2月4日発見の「セキ・ラインズ彗星」です。

二つの彗星の切り抜きは、ずいぶん後になって「未知の星を求めて」(関つとむ著・三恵書房)に掲載されている写真と同じものであることを知りました。

セキ第一彗星は、1961年11月10日に東京天文台で撮影されたもので、セキ・ラインズ彗星は、1962年4月23日にエリザベス・ローマー女史によって撮影されたものです。
d0163575_10281846.jpg

[PR]