人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『小学校五年生のとき東日天文館の売店で『宇宙旅行』という本を買った。宇宙船に乗って太陽系から銀河のかなたまで旅行する物語で、子どもが読めるやさしい書き方をしているが、中身は最新の知識がつまっている。 その著者光川ひさしこそ水野良平氏のペンネームであることを知っていたのだ。』 (ぷらべん 88歳の星空案内人 河原郁夫/冨岡一成著/旬報社発行/2018年刊)より

拙ブログの2019年2月21で「ぷらべん(https://irukaboshi.exblog.jp/d2019-02-21/)」を取り上げましたが、その中の一節です。本日の『宇宙旅行』については、そのすべてを上記引用で表していると思いますが、それでは本日のブログが続きませんので、ちょっと捕捉をさせて頂きます。

d0163575_19103512.jpg
「ぷらべん」こと河原郁夫氏の生涯の師「水野良平」は、明治32年(1899)横須賀生まれ。東京物理学校(のちの東京理科大学)を卒業後、東京天文台に奉職。

大正12年(1923)~昭和25年(1950)までの在職中、保時・報時の部門に属して時刻観測に従事。 天文台退任後、横須賀市の私立横須賀学院の教員を経て、昭和31年(1956)天文博物館五藤プラネタリウムの学芸課長となっています。昭和53年(1978)逝去。

水野良平氏が河原氏に新プラネタリウムの解説員の一員に抜擢したのは昭和31年(1956)のことで、河原少年が初めて『宇宙旅行』を手にしてから16年目のことでした。

さて、その「宇宙旅行」の件、発行は昭和15年(1940)で誠文堂新光社から刊行されています。
「僕らの科学文庫」というシリーズの中の1冊で、「宇宙旅行」が刊行された時点での既刊は、次のとおり。


化石の世界-早川一郎著/火と焔-白井俊明著/原子の話-鳩山道夫著/僕らの栄養と食物-川島四郎著/僕らの海-野満隆治著/僕らの船-関谷健哉著/僕らの飛行機-山崎好雄著/算術と数学の歴史-吉岡修一郎著/飛行機の話-山﨑好雄著/ちから-作井誠太著/ひかり-二神哲五郎著の11冊で、「宇宙旅行」を入れて全12冊が既刊。


続巻として、音の世界-田口泖三郎/植物の話-篠遠喜人/僕らの理科実験-藤木源吾/命-永久正志/動物の話-丘英通/家の話-星野昌一、などが予定されていたようです。


「宇宙旅行」は、昭和14年4月から翌年3月にかけて「小学生の科学」に『宇宙見学旅行』と題して連載されたもので、単行本化にあたって大幅に加筆されています。

初版は昭和15年、翌年に修正第5刷が発行され、さらには昭和23年に上・下に分かれて同じ書名で発行されています。

(昭和23年版は7月20日印刷/8月1日発行/上巻・下巻の表示はありませんが、2分冊で刊行されています。 章立てと文章は同じですが、一部の図版を入替または追加をしています。定価百円)

d0163575_19113572.jpg
宇宙船に乗りこむ少年少女たち。


本書全17章は以下のとおり。


● 第一章 月世界の探検

● 第二章 太陽の巻

● 第三章 内惑星の巻

● 第四章 火星の巻

d0163575_19130129.jpg
ローウェルの描いた火星 ↑

● 第五章 小惑星の巻

● 第六章 木星の巻

● 第七章 土星の巻

● 第八章 彗星の巻

d0163575_19140753.jpg
ローマ皇帝カエサル時代に出現した彗星 カエサルとその后が彗星を見て心配をしている場面/右側の図は流星群の説明図で、校庭を周回する生徒たちの中に一塊の群れが出来ている。

● 第九章 天・海・冥の三王星

● 第十章 近距離の恒星

● 第十一章 変わった恒星の色々

● 第十二章 ガス星雲と散開星団

d0163575_19145148.jpg
東京天文台の大望遠鏡 ↑

● 第十三章 銀河と球状星団の巻

● 第十四章 渦状星雲の巻

● 第十五章 宇宙に対する昔の考へと今の考へ

● 第十六章 四次元世界の話

● 第十七章 地球帰還


パイロット光川ひさしが操縦するロケットで太陽系の各惑星を巡り、銀河系の外までを旅する、という設定です。

本書は子ども向けに書かれたものですが、安易な内容に終始しているわけではなく、当時の最新の知見を持って記述されています。

・・・とは言え、「彗星の頭は星の集り」などという部分は、ホイップルの「彗星頭部は汚れた雪玉」説提唱が本書刊行の10年後(1950年)ですので、仕方のないことと思われます。


また、火星の生物については、動物はいないが「植物は生えている」と断言しています。 戦前から戦後しばらくのあいだの天文書を見る場合、火星生物の扱いがどのようになっているか興味深いところです。

d0163575_19164509.jpg
目次の一部  ↑

先に「本書は子ども向け」と書きましたが、第十四章でハッブルの「膨張宇宙説」を詳述していたり、続く第十五章(天文学史)でも膨張宇宙についての解説やアインシュタインの相対性原理についてに話しが及んでいるように、決して子どもだけの本ではありません。宇宙論、天体物理なども入って大人でも充分に楽しめる天文の本になっています。


光川ひさし名義の天文書は1940年発行の「宇宙旅行」だけのようですが、水野良平での著作は以下の通り。


● 宇宙旅行/光川ひさし/誠文堂新光社/1940年/A5変形

● 宇宙旅行 (二分冊)/誠文堂新光社/1948年/A5変形 /上巻(第一章~第九章)は179ページ/下巻(第十章~第十七章)は168ページ

● プラネタリウムの話/四季の星座/恒星社厚生閣/1957年/A5判

● 最新天体写真集/法政大学出版局/1958年/A5判

● ベツレヘムの星/新教出版社/1959年/B6判

● 時・暦・プラネタリウム/ポプラ社/1963年/B5判

● 星と伝説 目で見る児童百科3/偕成社/1963年/B5判

● 宇宙の謎/大陸書房/1969年/B6判

● うずまく宇宙/正進社/1969年/新書版

● 星とともに/私家版/1969年/A5判


単行本の刊行は以上ですが、雑誌類への寄稿はたくさんあります。また、光川ひさしのペンネームで創作童話などがあります。(刊行の天文書は多分上記の通りと思いますが、筆者(ブログ主)のわかる範囲だけですので、まだあるかもわかりません。)

d0163575_19173655.jpg

宇宙船出発の口絵: 画者は鈴木登良治のはずですが、サインがよく読めません。辛うじてT.Suzuki となっているようですが。
d0163575_19181227.jpg


『宇宙旅行』

著者: 光川久(みつかわひさし)
印刷: 昭和十五年六月二十五日
第一刷発行: 昭和十五年七月一日
修正第五刷発行: 昭和十六年十一月二十五日
発行所: 誠文堂新光社
発行者: 小川菊松
印刷者: 小坂孟
製本: 村田文泉閣
16×19センチ(本体)/356ページ/定価二円

装幀と本扉: 初山滋
挿絵: 鈴木登良治

d0163575_19185369.jpg
『宇宙旅行』の箱裏面と本体裏面


みずからをプラネタリウム弁士、「ぷらべん」と称する河原郁夫氏は、本書の刊行時(2018年12月)で88歳の日本最高齢現役プラネタリウム解説員。

昭和5年(1930)東京生まれの河原氏のプラネタリウム体験は、小学校4年生の時に父に連れられて訪れた東京有楽町の「東日天文館」に始まります。

当時、日本には2ヶ所のプラネタリウム施設があって、ひとつは昭和12年(1937)開館の大阪四ツ橋の「大阪市立電気科学館」、もうひとつが翌年開館の「東日天文館」で、河原少年は開館まもない時期に「東日天文館」を訪れたことになります。


しかし、「東日天文館」は昭和20年(1945)の東京大空襲でプラネタリウムドーム部分を含む4階から上を焼失、廃業やむなく約8年の活動に終止符を打ちます。


短い活動期間でしたが「東日天文館」は、多くの人々(少年少女だけではなく大人を含めて)に感動や夢を与え、星を見る楽しさ、星座やギリシャ神話に親しむ機会を与えてくれた大切な存在でした。

そして、河原少年のようにその後の生き方・進む道までも導き示した存在でもありました。

d0163575_14101938.jpg

「天界」 ↑ 昭和13年12月号の表紙より/「去る十一月2日に開館した東京プラネタリウム」 「天界」のこの号では大阪の「市立電気科学館」に対して「東日天文館」を東京プラネタリウムと呼称しています。


「東日天文館」の焼失後、日本のプラネタリウムは「大阪市立電気科学館」のみでしたが、焼失12年後の昭和32年(1957)に「天文博物館五島プラネタリウム」が東京渋谷に誕生します。

その少し前、東京理科大学を卒業し横須賀市の高校で物理教師に就いていた河原氏に転機が訪れます。


天文少年の頃に知遇を得、生涯の恩師となる元東京天文台の報時課長・水野良平氏からプラネタリウム解説員への転身を勧められたのです。

d0163575_14192369.jpg

本書「ぷらべん」は三つの章立てから成っています。  天文少年の夢/むすばれる星たち/夢を見るための機械、です。


第一章では「東日天文館」との出会いと、ここで得た知識をもとに自宅の物干し台で仰ぎ見て辿る星座たちの姿、口径40mmの望遠鏡を自作し「河原天文台」と名付けて星空を堪能する日々、あこがれの「東京天文台」へ家族に内緒で一人で出かけたときのこと、そして1945年、中学三年生のときの東京大空襲の恐怖の一夜をすごしたときのこと。


第二章は、空襲で焼け出されて横須賀に転居後、ここでも新たに口径80mmの望遠鏡を自作して不自由な生活のなかでも星々を楽しんだこと、生涯の恩師である水野良平氏を始めとして、東京科学博物館の小山ひさ子さんや東京天文台の野附誠夫太陽物理部長、富田技官、小野実教官らとの出会いや交流が綴られ、そして「天文博物館五島プラネタリウム」へ移ってからの新しい仲間たち、草下英明、大谷豊和、小林悦子の諸氏との出会いとプラネタリウム開館までの奮闘が描かれています。


第三章の「夢を見るための機械」では、河原氏が携わったプラネタリウム機材、五藤M-1や五藤GMⅡ-16-T、GM-15-AT1などの特性とエピソードの数々、野尻抱影翁の思い出等々が初期のプラネタリウム施設の活動状況とともに語られています。

「ぷらべん」の文章構成と編集については、大きく二つの特徴を挙げることが出来ると思います。ひとつは各章の冒頭あるいは途中にその当時(河原少年の成長に合わせて)の天文界のトピックスを示してストーリーにメリハリをつけると同時に、大まかな天文学史の流れを知り得る構成になっていると言うこと。

d0163575_14212387.jpg

もうひとつは、これは意表を突く構成ですが、各章のあいだに「春の話題」「夏の話題」「秋の話題」を設けて各季節に見やすい位置に来る星座とその見どころや神話を掲載している点です。 

しかも単なる星座案内に終わらず天文知識の基礎的な部分や天体物理の範疇までにも及んでいて、さらに星々への興味が深まる内容になっています。

d0163575_14215889.jpg
天文人生物語と星座案内を交互に配置することによって、河原少年のその後の人生に影響を与えた星々の存在がより一層鮮明になり、同時に天文少年の感動の日々を追体験できる構成になっている、のではないかと思います。


「ぷらべん」は、ある一人の人物が生涯にわたって打ち込んできた事柄を綴った人生賛歌の書でもあります。


「ぷらべん 88歳の星空案内人 河原郁夫」

著者:冨岡一成
発行所:株式会社旬報社
2018年12月20日初版第一刷
編集担当:熊谷満
装丁・デザイン:Boogie Design