<   2018年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

(2018年7月24日の続きです)

黒田神社の格天井絵を大きく分けると、植物・動物・人物・器物・風景となりますが、このうち風景は「松に富士」を描いた1点のみ。 それもかなり形式的な図柄で江戸時代以来の観念的富士山図そのものです。

この形式的構図は「比翼の靏」や「扇にお多福面」「面箱に翁面」「鹿に紅葉」「唐獅子」「花卉図」「竹に雀」などにもみられます。形式的構図を伝統的題材と構図と言い換えても良いのですが、普段から見慣れた構図は鑑賞者に安心感を与え神社に相応しい落ち着いた雰囲気を創り出す半面、新鮮味がありません。

全体の多くを占める植物(花)の絵も伝統的技法で描かれていますので、静謐感はありますが動きに乏しく、審美眼を持たない私(ブロク主)が言うのも僭越ですが面白みに欠けるように思われます。

だからこそなのでしょうか、花卉図の1/3程度は花に「雀」を配して変化富んだ構図を創出しているようです。


それに対して、人物図は表情豊かに個性的顔立ちでそれぞれの天井絵に描き分けられています。 そして動いている人物像は真に躍動感に満ちた姿ポーズを取り、座する人物や横臥する人物を描いた図はその場の静寂感がこちらまで伝わってくる趣きです。

神仙図などはある程度の決まりごとのなかで描くのでしょうが、その制約のなかで描かれた鯉に乗る仙人、飛竜を御する神人、桃を手にして静かに佇む仙人、等々、その仙人のそれぞれの神力までも描こうとしているかのようです。

「万歳図」や「神仙図」などは手本となる画帳があるのかもわかりませんが、それにしても黒田神社の天井絵人物画は山田霍眠の畢生の出来栄えなのではないでしょうか。


・・・なので、今回は「人物画」のみをいくつかご紹介してこの稿を終わります。なお、拝殿の周囲に掲げられた三十六歌仙の奉納画はいつの時代の制作でどなたの手になる作品かよく解りません。線描の強弱・濃淡などを見ると霍眠の画とは異なるように思いますが、どうでしょうか? 乞う、ご教示です。


d0163575_05055566.jpg
d0163575_05064065.jpg
d0163575_05071575.jpg
d0163575_05075253.jpg
d0163575_05092766.jpg
d0163575_05101980.jpg
d0163575_05110251.jpg
d0163575_05114458.jpg
d0163575_05122391.jpg
d0163575_05130418.jpg
d0163575_05151589.jpg
d0163575_05172707.jpg
一反木綿に乗る仙人図???


なお、この稿の初回(2018年7月24日)に掲載した霍眠の略歴は「郷土史さいがわ 第十九号/画師 松高斎霍眠(山田義昌)-山鹿村「上の庄屋」弟義昌の生涯/一川淳江著/平成13年」を参考にさせて頂きました。

d0163575_05181825.jpg
黒田神社の二の鳥居とその奥の三の鳥居
d0163575_05191539.jpg
拝殿正面の頭貫上の「松、梅、笹に豊前国の領主小笠原家の家紋と同じ三階菱」の透かし彫り。
d0163575_05195176.jpg
左側の木鼻 ↑ 右側の木鼻 ↓
d0163575_05203253.jpg
黒田神社は、文化14年(1817年)に拝殿が焼失しています。現代の拝殿は、明治15年(1882年)に改築されたものです。

霍眠の天井絵は黒田神社のほかに、みやこ町勝山宮原の「若宮八幡宮」、みやこ町犀川花熊の「二児神社」、香春町採「来迎寺」などに残っています。

また、京都四条派の菊池芳水に師事して専門画家となった霍眠の子息・季造(山田元仙)の天井絵も若宮八幡宮の一部に残り、「聖徳太子画像(みやこ町犀川・長善寺)」や「釈迦涅槃図(香春町採銅所・来迎寺)」も残されていることを付記いたします。

霍眠は、明治39年(1906年)に田川市糒の長男廣吉の家で死去しています。享年72才。墓はみやこ町犀川山鹿にあります。

墓の裏面は墓誌で甥の吉田増蔵(学軒)による撰文と書が刻まれています。


[PR]

福岡県みやこ町勝山中黒田の「黒田神社」に明治期の画師山田義昌(松高斎霍眠・しょうこうさい かくみん)制作の格天井絵が残されています。

黒田神社はもともと村内(黒田村)に分散していた八幡宮・天疫神・天神社の三社を合祀したもので、建立の年代ははっきりしませんが、建立後しばらくして奉納されたと思われる後土御門上皇の書による額「三社和光」の裏面に、文明十四年壬寅(1482年)と彫られていることにより、室町時代からの長い社歴を有している神社であることがわかります。


「三社和光」の奉納額については不思議な出来事が語り継がれています。  ↓

d0163575_04302789.jpg

明治十二年の銘がある一の鳥居から二の鳥居を望む。 ↓

d0163575_04311732.jpg

さて、画師山田霍眠のこと。

幼名は宮内、のちに源吾と改めた山田義昌は天保六乙未年(1835年)に父利兵衛、母とちの間に三男として誕生。

利兵衛(山田重孝)は山鹿村(みやこ町犀川山鹿地区)の庄屋職を勤め、義昌の祖父に当たる弥次兵衛(山田知義)も庄屋であり、さらに義昌の兄耕作も庄屋となり、義昌自身も幕末から明治に改まる前後に夏吉村(田川市)や中津原村(香春町)の庄屋となっています。

幼時から利発であったと伝えられる義昌は、長じて大分県中津の三原屋(府県御定宿・汽船客取扱所 一等旅籠屋)の店員となり、のちに大橋監場(藩米の検査所)勤務を経て小倉城代中野家の若党に加えられていた時に、のちの筆頭家老嶋村志津馬と大羽内蔵之助に見出されて藩学の「思永館」の庶務主任書記に抜擢されています。

義昌はこの庶務主任書記時代に絵を始めたと思われますが、特定の師匠に就いて絵を習ったのではなく独習だったのではないか、と云われています。

このことは、「山田義昌之墓」の裏面の墓碑に「吉田学軒」の撰文で『少小善書画俳歌皆無所師承蓋其天稟使然也(少々書画俳歌を善くするも皆師承するところなし けだしその天稟の然らしむるなり)』とあることからも、ある程度納得させられることと思われます。

吉田学軒は「昭和元号の創案者・吉田増蔵」で山田義昌の甥に当たります。
増蔵の母「いつ」は、山田義昌のすぐ上の姉です。


その霍眠山田義昌が黒田神社に残した格天井絵は、拝殿中央に49枚、左右脇殿にそれぞれ54枚ずつで合計157枚。

制作は明治20年頃で霍眠が52才の頃のことと云われています。 霍眠は明治5年に庄屋を辞し、現在の田川市の糒で酒造業を始めていますが、5年あまりで火難に遭い、添田町に移住。 その後、大橋町(現 行橋市)で京都・仲津両郡の郡書記などを勤めるも、故郷山鹿に帰郷。 以後、画業に専念したということです。

拝殿中央の天井絵  ↓  奥に「天満宮」の額が掲げられています。画面最手前の中央の白い円形は、十二支の方位図。

d0163575_04324814.jpg
左脇殿  ↓  牛若丸・弁慶の奉納額が見えています。
d0163575_04334351.jpg
d0163575_04342381.jpg
右脇殿  ↑  拝殿の周囲には「三十六歌仙」扁額が奉納されています。

天井絵の題材は多岐にわたっていますが、いちばん多いのは中国や日本の故事・説話の一場面を描いたもので46画あります。

d0163575_04351893.jpg
次いで靏・鷲・オシドリ・鴨・ニワトリなどの鳥を描いた31画
d0163575_04355943.jpg
その次は菊・水仙・アジサイ・芍薬・ソテツ・オモダカなどの植物(花)の27画、動物(ネコ.犬.神馬.鯉.虎、猿、鹿、イノシシなど)の18画
d0163575_04374898.jpg
d0163575_04382983.jpg
d0163575_04390909.jpg
d0163575_04400532.jpg
d0163575_04403927.jpg
神仙図11画、門付芸など芸能を描いた4画、武者絵3画、以下、方位図、美人図、波千鳥、翁面、松に富士山、おたふく面、天狗(異人図?)、飾り人形図が各1画と続きます。
d0163575_04412194.jpg
d0163575_04420791.jpg
色彩が完全に剥落して何が描かれているかわからないものが4画、奉納の大額に一部または全部が隠れていて題材不明が4画、天井板そのものが無い箇所が一カ所です。


上記のように最も多い題材は故事・説話ですが、これは概数と思ってください。・・・というのも、単なる人物画なのか、それとも何かの故事を表しているのか判然としないものもあるためです。

あるいは、象と人物を描いた天井絵などは、どちらが主なのか良く分からず動物画なのか人物画なのか、または故事に因んだものなのか等々、判断に苦しみ、結果として場違いな分類に入っている絵が多々あるのではないかと思われるからです。


2018年7月26日に続きます。


[PR]