<   2018年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「日本平観光天文センター」については、拙ブログにて過去2回取り上げています。

2012年10月3日のhttp://irukaboshi.exblog.jp/16925957/「日本平プラネタリウム No.5」と2014年3月19日のhttp://irukaboshi.exblog.jp/20482378/「富士観日本平センター絵葉書」です。

記述重複を避けて今回は簡単に記しますので、前回、前々回を併せてご覧頂ければ幸いです。

d0163575_12152642.jpg


パンフレットは三つ折りになっていて、広げた時の大きさは25×52.5センチ、畳んだときは25×17.5センチです。発行は昭和35年5月で観光天文センターの開業直後となります。

d0163575_12153740.jpg
おもて面に天文センターの全景と電波塔、それに清水市街地が描かれ、畳んだときの裏面に美保地区と清水港、遠くに富士山が描かれています。駐車場に整列した白と赤に塗り分けられたたくさんのボンネット型バスが往時の賑わいを象徴しているようです。

d0163575_12153253.jpg
裏面の「ステレオ望遠鏡」は、「五藤式ステレオ観光望遠鏡5C型」と思うのですが、ピラーには上下の高さ調節用の円形ハンドルがついていないようですので、あるいは単眼の観光望遠鏡7S型のピラーを流用、もしくは7S型のピラーの派生型を使用しているのかもわかりません。

d0163575_12273732.jpg
パンフを開いたときの内側面です。↑ 左側に「プラネタリューム観覧の図」とその下に「マンモス観光望遠鏡」の写真、中央付近に「観光天文センターに設置されたプラネタリュウム」、その上部に「天文台に設置された天体望遠鏡」が載っています。
d0163575_12333483.jpg
「プラネタリューム観覧の図」のプラネタリウム機材は「ツアイス製」のようですが、機種はよくわかりません。ツアイスⅢ型かな? しかしⅡ型でもあるようだし・・。

観覧の紳士淑女の皆さんは、顔立ちや服装から日本人ではないことは確かです。


天文センターに実際に設置されたプラネタリウム機材は、五藤光学M-1型の2号機ですが、M-1型の観覧風景の写真を採用していないのは、パンフレット制作時にはまだ稼働していなかった、のかもわかりません。五藤光学M-1型は、恒星球が回転軸の中心に近い内側に、惑星投影機が外側につけられた「モリソン型」と呼ばれるものです。

d0163575_12282459.jpg

巨大な観光望遠鏡は、「五藤式マンモス観光望遠鏡6S型」で、パンフの説明によりますと「世界最大の地上用観光望遠鏡で口径30センチ、鏡筒4.7メートル、ヨーロッパのアルプス山麓にある口径24.4センチ、4メートルのものを凌駕」しているとのこと。パンフの絵では屋上に4機設置されているようになっています。

d0163575_12285534.jpg
天文台の6mドームには「五藤光学20cm屈折の1号機」が設置されています。
有効径200mm/焦点距離2400mm/12.5×50mmファインダー/有効径80mmのガイディングスコープ/水晶発振式追尾装置を附属

d0163575_12294278.jpg
五藤式20cm赤道儀 ↑ 「天界」1962年3月号の裏面広告より  『この望遠鏡は現在日本で作られる望遠鏡では最大級のもので、東京国際見本市にも出品され、多大のおほめのおことばをいただきました。』 と書かれています。 パンフレット掲載の写真と比べると細かいところで若干の形状違いがあるようです。


表側の左端は日本平観光天文センターの経営母体である「富士観光株式会社」の取締役社長の石川武義の「御挨拶」です。

このご挨拶のなかで『昭和21年末当地日本平開発の目的で株式会社日本平ホテルとして発足した当社は、爾来10余年間、微力乍ら観光事業の振興に努めて参りましたが、当観光天文センターの建設も、私の観光事業計画の一環として長年にわたる念願の一つでありまして』とあります。


経営者石川武義は、観光ホテル経営をはじめとして旅行業、不動産業、広告宣伝業、保険代理業などを営む多角的行動の経済人でしたが、随筆集「旅と湯女」の著作を持っているところを見るとなかなかの粋人でもあったと推察します。


「御挨拶」に書かれているように集客施設に天文台・プラネタリウムを併設するというアイデアは長年温めてきたもののようですが、この発想はどこから来たものか、併設アイデアの原点というか切っ掛けのようなものがあったのではないかと想像します。


自在に考えを巡らせることができる粋人魂の発露のひとつとは思いますが、もし発想の切っ掛けがあるのであれば、是非とも知りたいところです。



[PR]

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

毎年、拙ブログの元日テーマはその年の干支に因んだ星座絵を載せていますので、本年は当然「戌・犬」ですね。

犬の星座は小犬座・大犬座・猟犬座とありますが、今年はりょうけん座の星座絵を載せます。次の戌年には小犬座・大犬座を予定していますが、はたしてその時までこのブログは存続しているのか?

d0163575_17370308.jpg
JAN HEVELIUS 「THE STAR ATLAS」1968年ロシア語版より ↑ りょうけん座


熊(おおぐま座)を追う男(うしかい座)が引きつれる二匹の猟犬の星座で、17世紀のポーランドの天文学者ヨハンネス・ヘヴェリウスが新設した10星座のうちのひとつです。

犬の星座は「小犬座・大犬座・猟犬座」の三つと最初に記しましたが、実はかつて「ケルベルス座」という地獄の番犬を描いた星座がありました。

この「ケルベルス座」もヘヴェリウスの10星座のひとつです。しかし、現行の88星座には含まれず失われた星座となっています。場所はヘルクレス座のヘルクレが左手で持った小枝のあたりです。

さて、りょうけん座の二匹の猟犬のうち、上(北側)の犬は「アステリオン」と名付けられ、下(南側)の犬はカーラまたはカラと名付けられています。

ここでちょっと混乱するのは、りょうけん座のβ星(星座絵の下の方の犬カーラの眼のあたり)の固有名もカーラと呼ばれ、しかも別名がアステリオンということ。

カーラはギリシア語で「かわいいもの、親愛なもの」を意味し、アステリオンは、やはりギリシア語で「星のきらめく」を意味する、とのこと。(出典:星座の神話/原惠著)


りょうけん座の二匹はその特徴的な顔と肢体からグレイハウンドと考えられていますので、J.G.WOOD著/THE ILLUSTRATED NATURAL HISTORY (MAMMALIA)、1880年刊行より4種のグレイハウンドを転載します。

グレイハウンドにはたくさんの種類がありますが、図版を引用した図鑑では6種のみ取り上げられていました。そのうちの4種です。

d0163575_17374449.jpg
 ↑ 左側・グレイハウンド、右側・アイリッシュグレイハウンド


d0163575_17381704.jpg
左側・スコッチグレイハウンド、↑ 右側・ロシアングレイハウンド

グレイハウンドはヨーロッパでは貴族だけが飼うことを許されていたということですが、何ゆえに牧夫が引きつれているのか。

この牧夫は貴族出身だった、あるいは貴族から一時期的預かっているなどと考えられます(?)が、りょうけん座が出現する遙か以前より貴族をも凌駕して神々の領域に座する牧夫としては、グレイハウンドこそ自身に最も相応しい猟犬であると自覚し、我ら凡夫も追認にしくはなく、ヘヴェリウスもグレイハウンドを引きつれることに納得済みだった、ということではないでしょうか(??)。


[PR]