豊前国分寺の三重塔の二層の丸桁部分に密教に取り込まれた12の星座(十二宮)の像が浮き彫りされています。


豊前国分寺(金光明山護国院国分寺)の創建は天平13年(741年)3月の聖武天皇の詔をその元始としますが、実際に完成したのは天平勝宝8年(756年)頃と考えられています。

その後、平安時代~室町時代を通じて寺院を維持していたと思われますが、安土桃山時代に入り天正年間(1573~1592年)の豊後大友宗麟による豊前国侵入の兵火によって七堂伽藍を擁した国分寺は消滅してしまいます。

灰燼に帰したのち、一時期再興が図られたものの往時の隆盛を取り戻すことができず、本格的な再興は江戸時代の慶安3年(1650年)まで待つことになります。

d0163575_21240768.jpg
d0163575_21245691.jpg
豊前国分寺は平安時代末期から戦国時代までは天台宗の影響下にあったと思われますが、現在、豊前国分寺の宗旨は真言宗であり、高野山の末寺になったのはこの慶安3年の再興以降と考えられています。
d0163575_21255366.jpg

豊前国分寺の山門 ↑ 高野山真言宗 金光明山豊前国分寺と書かれています。

さて、十二宮のことに戻りますが、十二宮または黄道12星座とは、大洋・月・惑星の通り道である黄道を春分点を起点として30度ずつ12の星座に分けたもので、起源は紀元前6~7世紀にチグリス・ユーフラテス両河流域に発展したカルデア文化まで遡ることができます。

この十二宮はのちに密教に取り入れられて仏教保護と怨敵降伏を祈願する護法尊のなかのひとつとなります。


紀元前450年頃、インドの北東部ガンジス河中流域で誕生した仏教は、釈迦の入滅後100年(前3世紀頃)ほどして上座部と大衆部と言う二つの部派に分かれ、この二部派がさらに分裂して多くの仏教諸派が興隆します。

そして諸派のうち紀元前後に発生したと思われる大乗仏教の一部がその発展段階でインド古来の呪術や土俗的信仰を取り入れて、徐々に密教化して行きます。さらにはバラモン教のタントラの影響やヒンドゥー教の神秘主義を取り込むなどして、7世紀頃に密教が成立します。


このインドやインド周辺の土着文化・諸宗教を取り込んだ初期密教時代(3世紀~7世紀中頃)には、古代インド天文学の暦法や古代オリエントからの占星術や十二宮も取り込まれていて、これら暦法や占星術、十二宮、星宿などの密教的概念がインドから中国へと伝わり、唐の乾元2年(759年)に不空によって漢訳されたとされる「宿曜経」として空海により806年に初めて我が国に請来されています。

d0163575_21281097.jpg
三重塔  東南側から撮影 ↑ 2018年5月20日撮影


豊前国分寺の三重塔の十二宮は以下のとおりです。


塔の正面(東側)の左端より ↓ 男女宮(ふたご座)   小女宮(おとめ座)  巨蟹宮(かに座)

d0163575_21290324.jpg
d0163575_21313252.jpg
d0163575_21321514.jpg

北側の左端より ↓ 天秤宮(てんびん座)  天蝎宮(さそり座)  天弓宮(いて座)

d0163575_21325644.jpg
d0163575_21333680.jpg
d0163575_21342218.jpg

西側の左端より ↓ 宝瓶宮(みずがめ座)  磨羯宮(やぎ座) 双魚宮(うお座)

d0163575_21352084.jpg
d0163575_21361219.jpg
d0163575_21363976.jpg

南側の左端より ↓ 白羊宮(おひつじ座)  金牛宮(おうし座)  獅子宮(しし座)

d0163575_21374262.jpg
d0163575_21381145.jpg
d0163575_21383901.jpg

十二宮は星曼荼羅や胎蔵界曼荼羅の最外院に二十八宿(28の星座)とともに描かれていて、その位置はほぼ決まっています。


胎蔵界曼荼羅図での方位は、図に向って上側が東、左側が北、下側が西、右側が南となります。

京都・東寺の伝真言院曼荼羅や大阪・松尾寺の孔雀経曼荼羅の十二宮の位置は、


東側     男女宮/金牛宮/白羊宮

北側     獅子宮/小女宮/巨蟹宮

西側     天秤宮/天蝎宮/天弓宮

南側     宝瓶宮/磨羯宮/双魚宮


大阪・久米田寺の星曼荼羅や大阪・金剛寺の星曼荼羅、延暦寺旧蔵で現在は宮内庁所蔵の星曼荼羅では、


上側   宝瓶宮/磨羯宮/双魚宮

左側   男女宮/金牛宮/白羊宮

下側   獅子宮/小女宮/巨蟹宮

右側   天秤宮/天蝎宮/天弓宮    となっています。


位置の違いは、空海が請来した現図系曼荼羅(胎蔵界曼荼羅)と平安時代中期の真言宗の僧・香隆寺僧正寛空が創案し、弟子の成就院大僧正寛助が平安末期に整備した寛助系星曼荼羅との違いのようです。


豊前国分寺の三重塔の十二宮の位置は男女宮と獅子宮が入れ替わっているものの胎蔵界曼荼羅図・星曼荼羅図ともに一致しています。
但し、方位は無関係です。時計まわりに一つずつずらしていくと現図系曼荼羅と同じになり、東西南北を入れ替えると星曼荼羅と同じ位置になります。

この三重塔は明治28年に建立されたもので、十二宮の浮き彫りも当時のものそのままです。

塔の周囲に十二宮を配している理由としては、真言宗の教主である大日如来の三昧耶形(さまやぎょう=象徴物・シンボル)が宝塔であり、塔が大日如来を表していることを踏まえて、大日如来は「宇宙そのもの」であることを強調するために星座(十二宮)を配置したのではないかと思われることがひとつ。

もうひとつは、明治期の建立であることで伝統を踏まえつつも、これまでとは違った意匠で新しい時代に相応しい新鮮感を求めた結果ではなかったか、と想像します。


[PR]
# by iruka-boshi | 2018-06-07 21:40 | Comments(0)

築城基地に展開中のアグレッサーF-15を見に行ってきました。

撮影ポイントに向う途中、着陸態勢に入ったYS-11を目撃。しかし距離が遠すぎて撮影を断念。

d0163575_05415697.jpg
西側撮影ポイント到着は午後2時30分頃、ほどなくして♯082が離陸。
d0163575_05321175.jpg
続いて♯096が離陸。
d0163575_05331515.jpg
♯083 ↓ に続いて
d0163575_06092764.jpg
d0163575_06113561.jpg
♯081が離陸。 ↑
d0163575_06123001.jpg
♯090 ↑ 最後は♯098でした。 ↓
d0163575_06143037.jpg
アグレッサーに続いて、築城基地の第8飛行隊F-2が4機離陸。
d0163575_06153784.jpg
♯511
d0163575_06205488.jpg
♯507
d0163575_06253850.jpg
♯509
d0163575_06271724.jpg
♯504

そして少し間を置いてさきほど車中で遭遇したYS-11が離陸。

d0163575_06284463.jpg
d0163575_06294854.jpg
d0163575_06302781.jpg
d0163575_06311022.jpg
航空総隊司令部飛行隊 電子飛行測定隊 YS-11EB 02-1159
d0163575_06314330.jpg

本日は湿度が高めだったためか、YS-11のプロペラ周りに雲が発生していました。


[PR]
# by iruka-boshi | 2018-05-19 06:32 | Comments(0)

北九州空港にアントノフ・エアラインズの「アントノフAn-124-100ルスラン(UR-82073)」が飛来しました。

d0163575_19521448.jpg
アントノフ・エアラインズはウクライナのキエフに本部を置く貨物チャーター専門の航空会社で、世界最大級の貨物輸送機アントノフを多数所有しています。

今回の北九州空港への飛来は2016年6月29日以来で都合3回目(初回は2008年2月)となります。
d0163575_19525509.jpg
積載貨物は米国「ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ」社製の固定翼無人機「MQ-9ガーディアン」で、5月から行われる予定の長崎県の壱岐・対馬近海上空での海洋観測や海難救助の支援などの実証実験に使用されます。
d0163575_19535090.jpg
アントノフAn-124は旧ソ連が開発した軍事物資輸送機で、1985年のパリ航空ショーで初めて一般公開されています。全幅73.0メートル・全長69.5m、最大積載量150トン。

d0163575_19543770.jpg
主脚は左右5本の脚柱にそれぞれダブル・タイヤが付いて合計20個のタイヤ、前脚も2本の脚柱に計4個のタイヤが付いて最大重量405トンを支えています。
d0163575_20033557.jpg
アントノフは機体設計責任者のオリェーク・アントーノフのこと、愛称のルスランとはアレクサンドル・プーシキンの物語詩に登場する勇士(巨人)の名前に因んでいます。
d0163575_20042790.jpg
画像はすべて2018年4月27日撮影です。


[PR]
# by iruka-boshi | 2018-04-29 20:06 | Comments(0)

第二今川橋梁の完成は明治28年(1895)で、この年は現在の平成筑豊鉄道の元始となる「豊州鉄道」の開業の年でもあります。

全長130m、高さ19mのプレートガーダー8連の橋梁ですが、架設当初はドイツのハーコート製ボーストリングプラットトラス形式の鉄橋でした。


しかし、その後増大する輸送量に伴う加重と車輌の重量化に対応するため、強度不足のボーストリング形式に替わって現在のプレートガーダー形式に架け替えられました。

架け替えは昭和元年(1926)で、この時、当初からある赤レンガの橋脚の間にコンクリート橋脚が増設されています。

ボーストリングトラスとは、橋の上部構造物が弓(bow)のように放物線を描く形式で、明治期の九州の鉄道路線の多くで採用されています。

このことは、九州初の鉄道路線を開通させた「九州鉄道会社」が顧問技師として1887年(明治20年)にドイツから招聘したヘルマン・ルムシェッテルの指示あるいは影響によるもので、「九州鉄道会社」の路線工事の影響下にあった「豊州鉄道」も例外ではありませんでした。

ちなみに行橋~田川伊田の間の橋梁は架設当初はすべてドイツのハーコート製で、なかでも第二今川橋梁は支間62.37mという長大さで当時の九州では最長であり、またボーストリング型としても最長を誇っていました。(支間62.37mは「土木史研究 第12号 1992年6月」によります。)

d0163575_19510892.jpg
画面左側、崎山駅方面/右側、源じいの森駅方面 ↑ 今川峡谷に架かる全長130mのプレートガーダー橋梁
d0163575_19524399.jpg
源じいの森駅側の橋脚  ↑  画面右側、源じいの森駅方面
d0163575_20085485.jpg
高さ19m  ↑  画面奥、源じいの森駅方面
d0163575_20120611.jpg
画面左側、源じいの森駅方面  ↑  橋脚台は1辺が約1m60cmから2m超の不等辺五角形
d0163575_20523357.jpg
笠石の下は三段に石組みされていますが、いちばん下の石は草と土に覆われて少し見える程度です。
この下にも石組みが成されていると思いますがよくわかりません。
d0163575_20532985.jpg
源じいの森駅側の橋台  ↑
d0163575_21190704.jpg
レンガ橋脚  ↑  画面奥/崎山駅方面
d0163575_21311323.jpg
↑  コンクリート橋脚
d0163575_21315581.jpg
崎山駅側の「架違い橋脚」  ↑
d0163575_21330463.jpg
撤去された木製枕木が橋の近くに数ヶ所に分けて集められています。
d0163575_21334760.jpg
平成30年2月25日撮影  ↑  旧型車両塗装の412号
d0163575_21345699.jpg
平成30年3月11日撮影  ↑  へいちく公式LINEスタンプ 411号


この第二今川橋梁は国鉄時代からよく知られた撮影地で、橋を俯瞰する峠道の脇に、鉄道ファンの手になると思われる手作りの時刻表が設置されていました。 昭和40年代のことです。


[PR]
# by iruka-boshi | 2018-03-26 21:35 | Comments(0)

リーターズダイジェストはアメリカの総合家庭雑誌で、1922年の創刊です。世界中に非常に多くの読者を有し、英語版にとどまらず各地の言語に対応した版を持ち、さらにデジタル版、点字版、音声版なども発行する巨大出版社です。  日本語版の創刊は1946年6月ですが1986年2月に休刊となっています。


本日の「星によみがえる家名 イケヤ彗星の発見」の著者テリー・レッサー・モリス(1914年-1993年)は、アメリカのフリージャーナリストで、さまざまな雑誌に寄稿するかたわら歴史、スポーツ、社会問題などに材を取ったノンフィクションや小説を発表しています。

d0163575_19282037.jpg
画像の最下段に小さく「レッドブックより要約」と印刷 ↑ されていますが、この「レッドブック」とは1903年5月にシカゴで創刊された家庭実用雑誌です。

「レッドブック」の創刊当初の記事は、有名作家の短編小説や芸能情報、ファッション情報などで占められていましたが、やがて社会問題や道徳に関する記事を主とする編集方針に切り替えられ、対象読者を既婚女性あるいは若い女性とし、さまざまな困難に立ち向かう女性の姿や知的成長を志向する女性についての話を掲載する総合雑誌となって行きます。

成功談や生き方の指針となる記事を掲載するという編集方針は、リーターズダイジェスト誌の方針とも合致していることにより、レッドブック誌の記事をリーターズダイジェスト誌に転載したものと思われます。

リーターズダイジェスト掲載の「イケヤ彗星の発見」は要約となっていますが、1967年に「The boy who redeemed his father's name; Kaoru Ikeya.」のタイトルでレッドブックマガジン社から出版されています。

「redeemed」は「取り戻す」という意味で使っていると思いますが、このままでは良くわからないタイトルになっています。邦題の「星によみがえる家名」も文章を読んで初めて納得するタイトルではないでしょうか。

記事内容を大雑把にいうと家庭の不和を克服し、母親の愛情に支えられて自身の夢であり目標である新彗星発見に挑み続ける少年、ということで、リーターズダイジェストの編集方針に完全に当てはまる成長・成功物語です。

d0163575_19482053.jpg
もちろん記事内容は事実に即していて、日々の彗星捜索風景や池谷薫氏にとって最初の彗星となる「1963a イケヤ彗星」発見時の様子がドラマティックに描かれています。
d0163575_19492184.jpg
池谷氏といえば最初に思い浮かぶことは「イケヤ・セキ彗星」と思いますが、この世紀の大彗星発見物語ではなく、池谷氏発見の最初の彗星「1963a」を取り上げたところに著者テリー・モリスのジャーナリストとしての卓見が表れていると言ってよいと思います。


さて、その「1963a」の発見事情は「天界第453号 1963年2月号」に池谷氏本人の手になる記事が掲載されていて、それによると彗星捜索は1961年の8月頃に始めたが、計画的に捜索するようになったのは1962年1月2日からで、この日を起点として「1963a」発見までについやした時間は135.5時間、捜索回数は109回にのぼる、とのこと。


使用望遠鏡は自作の21cmF6.7の反射望遠鏡、1963年1月3日午前5時05分、南東の空低く海蛇座π星の近くに光度約12等級の新彗星を発見。


天界記事は「発見事情」だけではなく自作望遠鏡についても記されていますが、望遠鏡自作の経緯や発見に至るまでの葛藤はリーターズダイジェスト誌により詳しく書かれ、さらに第2イケヤ彗星1964f、イケヤ・セキ彗星1965fについても書かれていますので、機会があればぜひ「リーターズダイジェスト」の一読をお奨めします。(天界の1963a記事は1963年3月号にも掲載されています。)


1963aは発見後徐々に明るさを増し1月5日の倉敷天文台の本田氏の観測で光度10等級、1月8日関勉氏の観測で9等級、1月22日・24日両日の明石市立天文科学館の菅野氏の観測で8等級となっています。しかし増光とは裏腹に1963aは日ごとに南下して地平線に近づき、2月初旬には日本からは見えなくなってしまいました。

・・・が、2月18日頃に再び北上、今度は夕方の南天に姿を現した1963aは光度4等級に達していました。

d0163575_19500599.jpg
SKY AND TELESCOPE 1963 APRIL ↑ 2月25日 カリフォルニア州フレイジャー山にて撮影 7インチ反射鏡使用 光度3.5等
d0163575_19505655.jpg
大マゼラン星雲と小マゼラン星雲の間を行くイケヤ彗星 ↑ 2月15日 オーストラリア・ニューサウスウェールズ州ナラブリにて撮影 キャノン35mmカメラ使用 ( これと同一の写真が「天文と気象1963年9月号/地人書館」に載っています。)
d0163575_19513167.jpg
↑ ページの上の写真、2月18日 一時間露出のイケヤ彗星の軌跡 光度約4等  下の写真、2月23日 ニューメキシコにて撮影 右側、2月26日撮影 光度3.5等

ニューメキシコでの観測によると2月18日光度4.2等/20日光度3.7等/21日3.9等/24~26日3.6等、とのこと。

d0163575_19521163.jpg
SKY AND TELESCOPE 1963 MAY ↑ 3月13日撮影 彗星の頭部の左側の星は魚座α星で光度4等、尾はくじら座γ星に達しています。 ブロニカ6×6判50mmレンズ使用

右側の写真、3月13日撮影 7インチ・フッカー鏡使用 カリフォルニア州ロス・パドレスにて撮影

d0163575_19531394.jpg
左端から、3月13日光度4.3等 3月14日 3月19日光度4.4等 3月20日のイケヤ彗星 7インチ・フッカー鏡使用 カリフォルニア州ロス・パドレスにて撮影 3月26日の観測で光度4.6等

彗星はこの後徐々に暗くなり、4月中旬6等級、5月初旬7等級、5月下旬には光度9等級となっています。

余談ですが、池谷氏は当時19歳で、これは史上最年少の新彗星発見記録となっています。(5年後にアメリカのマーク・ホイテッカー(16歳)に記録を破られています。)


[PR]
# by iruka-boshi | 2018-03-06 19:53 | Comments(0)