人気ブログランキング |

2017年 10月 08日 ( 1 )

平成29年9月30日から10月7日までの日程で、築城基地にて米軍・三沢基地所属のF-16と築城・第8航空団、春日・西部航空警戒管制団の合同訓練が実施されています。

実は昨日(3日)も午後から撮影に出かけたのですが、仕事の都合のため1時間ほどで撮影ポイントを離脱、この間、離陸も着陸も皆無の状態。

本日4日は12時半頃に西側の撮影ポイントに到着、ほどなくして築城の第6飛行隊と第8飛行隊のF-2が離陸し、1時間半程度タッチ&ゴーを実施。


d0163575_13351399.jpg

第8飛行隊 03-8504  ↑
d0163575_1335418.jpg

第8飛行隊 03-8503  ↑
d0163575_1336586.jpg

第6飛行隊 63-8541  ↑

d0163575_13363273.jpg

その後、合同訓練が始まり、最初に第6飛行隊の93-8552が離陸、↑ 続いて63-8541 ↓
d0163575_13365696.jpg

d0163575_13373743.jpg

73-8543  ↑  43-8526  ↓  の4機のF-2が離陸。
d0163575_13375826.jpg



三沢のF-16の参加機は、2時52分頃にAF92-893が最初に離陸、  ↓
d0163575_13382879.jpg

続いてAF92-887  ↓ 
d0163575_13384737.jpg

d0163575_133963.jpg

複座機 F-16D AF91-477 ↑ と続き、最後に35FW司令官指定機 AF91-357 ↓ が離陸しました。
d0163575_13393632.jpg

F-16C 戦闘機 第35戦闘航空団/第13戦闘飛行隊

空気取り入れ口の下部に取り付けられたポッドは、対レーダーサイト破壊用のAGM-88ミサイル(空対地)を目標に誘導するためのAN/ASQ-213 HTSポッドで、離陸した4機すべてに付けられていました。
d0163575_1340238.jpg

飛来した6機のうち、2機は地上待機。 「91-0382」と「92-3913」

今回の合同訓練は、在日米軍再編に伴なう訓練移転で、築城基地使用では2年ぶり6回目となります。

なお、在日米軍の訓練移転は2007年に始まっていますが、その第1回目は築城基地で行われています。

期間は2007年3月5日~8日で、沖縄・米軍嘉手納基地より第18航空団のF-15戦闘機・5機、資材及び兵員約50名を乗せたC-130輸送機・2機が飛来、築城の第304飛行隊のF-15・4機とともに合同訓練(在日米軍再編に係る日米共同訓練)を実施しています。

さらに余談ながら、築城基地使用の日米共同訓練の最初は、1988年2月18日・19日で、岩国基地駐留の第1海兵航空団のF-18が4機飛来しています。

共同訓練の実施期間(1988年2月15日~19日)のうち、15・16・17日は新田原基地を拠点とし、後半の18日・19日が築城基地を拠点とした訓練で、いずれも春日基地の西部航空方面隊と連動した訓練でした。

訓練参加機は、岩国のF-18のほか、嘉手納基地のF-18、三沢基地のE-2C、百里基地のF-4EJ・2機、築城基地のF-1・4機、同じく築城のF-4EJ・4機など日米合わせて27機です。

1988年2月18日・19日の両日、築城に飛来したF-18は、米軍に接収されていた築城基地が1957年(昭和32年)7月1日に返還されて以来31年ぶりに飛来した米軍機となっています。