第二今川橋梁/平成筑豊鉄道

第二今川橋梁の完成は明治28年(1895)で、この年は現在の平成筑豊鉄道の元始となる「豊州鉄道」の開業の年でもあります。

全長130m、高さ19mのプレートガーダー8連の橋梁ですが、架設当初はドイツのハーコート製ボーストリングプラットトラス形式の鉄橋でした。


しかし、その後増大する輸送量に伴う加重と車輌の重量化に対応するため、強度不足のボーストリング形式に替わって現在のプレートガーダー形式に架け替えられました。

架け替えは昭和元年(1926)で、この時、当初からある赤レンガの橋脚の間にコンクリート橋脚が増設されています。

ボーストリングトラスとは、橋の上部構造物が弓(bow)のように放物線を描く形式で、明治期の九州の鉄道路線の多くで採用されています。

このことは、九州初の鉄道路線を開通させた「九州鉄道会社」が顧問技師として1887年(明治20年)にドイツから招聘したヘルマン・ルムシェッテルの指示あるいは影響によるもので、「九州鉄道会社」の路線工事の影響下にあった「豊州鉄道」も例外ではありませんでした。

ちなみに行橋~田川伊田の間の橋梁は架設当初はすべてドイツのハーコート製で、なかでも第二今川橋梁は支間62.37mという長大さで当時の九州では最長であり、またボーストリング型としても最長を誇っていました。(支間62.37mは「土木史研究 第12号 1992年6月」によります。)

d0163575_19510892.jpg
画面左側、崎山駅方面/右側、源じいの森駅方面 ↑ 今川峡谷に架かる全長130mのプレートガーダー橋梁
d0163575_19524399.jpg
源じいの森駅側の橋脚  ↑  画面右側、源じいの森駅方面
d0163575_20085485.jpg
高さ19m  ↑  画面奥、源じいの森駅方面
d0163575_20120611.jpg
画面左側、源じいの森駅方面  ↑  橋脚台は1辺が約1m60cmから2m超の不等辺五角形
d0163575_20523357.jpg
笠石の下は三段に石組みされていますが、いちばん下の石は草と土に覆われて少し見える程度です。
この下にも石組みが成されていると思いますがよくわかりません。
d0163575_20532985.jpg
源じいの森駅側の橋台  ↑
d0163575_21190704.jpg
レンガ橋脚  ↑  画面奥/崎山駅方面
d0163575_21311323.jpg
↑  コンクリート橋脚
d0163575_21315581.jpg
崎山駅側の「架違い橋脚」  ↑
d0163575_21330463.jpg
撤去された木製枕木が橋の近くに数ヶ所に分けて集められています。
d0163575_21334760.jpg
平成30年2月25日撮影  ↑  旧型車両塗装の412号
d0163575_21345699.jpg
平成30年3月11日撮影  ↑  へいちく公式LINEスタンプ 411号


この第二今川橋梁は国鉄時代からよく知られた撮影地で、橋を俯瞰する峠道の脇に、鉄道ファンの手になると思われる手作りの時刻表が設置されていました。 昭和40年代のことです。


[PR]
by iruka-boshi | 2018-03-26 21:35 | Comments(0)