りょうけん座/グレイハウンド 平成30年元旦

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

毎年、拙ブログの元日テーマはその年の干支に因んだ星座絵を載せていますので、本年は当然「戌・犬」ですね。

犬の星座は小犬座・大犬座・猟犬座とありますが、今年はりょうけん座の星座絵を載せます。次の戌年には小犬座・大犬座を予定していますが、はたしてその時までこのブログは存続しているのか?

d0163575_17370308.jpg
JAN HEVELIUS 「THE STAR ATLAS」1968年ロシア語版より ↑ りょうけん座


熊(おおぐま座)を追う男(うしかい座)が引きつれる二匹の猟犬の星座で、17世紀のポーランドの天文学者ヨハンネス・ヘヴェリウスが新設した10星座のうちのひとつです。

犬の星座は「小犬座・大犬座・猟犬座」の三つと最初に記しましたが、実はかつて「ケルベルス座」という地獄の番犬を描いた星座がありました。

この「ケルベルス座」もヘヴェリウスの10星座のひとつです。しかし、現行の88星座には含まれず失われた星座となっています。場所はヘルクレス座のヘルクレが左手で持った小枝のあたりです。

さて、りょうけん座の二匹の猟犬のうち、上(北側)の犬は「アステリオン」と名付けられ、下(南側)の犬はカーラまたはカラと名付けられています。

ここでちょっと混乱するのは、りょうけん座のβ星(星座絵の下の方の犬カーラの眼のあたり)の固有名もカーラと呼ばれ、しかも別名がアステリオンということ。

カーラはギリシア語で「かわいいもの、親愛なもの」を意味し、アステリオンは、やはりギリシア語で「星のきらめく」を意味する、とのこと。(出典:星座の神話/原惠著)


りょうけん座の二匹はその特徴的な顔と肢体からグレイハウンドと考えられていますので、J.G.WOOD著/THE ILLUSTRATED NATURAL HISTORY (MAMMALIA)、1880年刊行より4種のグレイハウンドを転載します。

グレイハウンドにはたくさんの種類がありますが、図版を引用した図鑑では6種のみ取り上げられていました。そのうちの4種です。

d0163575_17374449.jpg
 ↑ 左側・グレイハウンド、右側・アイリッシュグレイハウンド


d0163575_17381704.jpg
左側・スコッチグレイハウンド、↑ 右側・ロシアングレイハウンド

グレイハウンドはヨーロッパでは貴族だけが飼うことを許されていたということですが、何ゆえに牧夫が引きつれているのか。

この牧夫は貴族出身だった、あるいは貴族から一時期的預かっているなどと考えられます(?)が、りょうけん座が出現する遙か以前より貴族をも凌駕して神々の領域に座する牧夫としては、グレイハウンドこそ自身に最も相応しい猟犬であると自覚し、我ら凡夫も追認にしくはなく、ヘヴェリウスもグレイハウンドを引きつれることに納得済みだった、ということではないでしょうか(??)。


[PR]
by iruka-boshi | 2018-01-01 17:39 | Comments(0)