冬至/三毛門かぼちゃ  2017年12月22日

12月22日は冬至。

冬至といえば「カボチャ」ということで、本日は豊前地方の特産品「三毛門かぼちゃ」を紹介します。

下の写真は、JR三毛門駅の駅舎前ロータリーに置かれた巨大なカボチャのオブジェです。

実際、「三毛門かぼちゃ」は大きなものでは重さ7kgほどにも成長する巨大品種です。

d0163575_12075181.jpg
2017年8月22日撮影 ↑


三毛門村史(昭和29年)に『天正5年頃(1577年頃)印度カンポチャ国人が当時の城主大友宗麟に種々のものを献上した。その中に南瓜があった。』と記され、『三毛門村の人で緒方氏という土豪が南瓜の種を持ち帰り、三毛門村に撒いたところ土質に適し結実した故試食してみれば甘味きわめて強い、以来適地適作として多く栽培するに至った。』

とあって、これが「三毛門かぼちゃ」の由来。

南瓜(ニホンカボチャ)は中央アメリカが原産地で、日本渡来については諸説あるものの、大友宗麟へ献上された「宗麟南瓜」がその最初のようで、豊後地方で栽培されていた「宗麟南瓜」が豊前の三毛門地区に伝わり福岡県豊前市三毛門で栽培されるようになったものが「三毛門かぼちゃ」とのことです。


d0163575_12080175.jpg

約20年前に設置されたこの看板は、老朽化のためにすでに撤去されています。 ↑ 2017年8月22日撮影

看板には「昭和21年に三毛門南瓜音頭おどりが誕生した」とあり、「緑の畑におへそをだして 生まれたカボチャの赤ちゃんは まるい顔して笑います 三毛門南瓜は可愛いかぼちゃ」とあります。


三毛門かぼちゃを紹介する新しい看板は、三毛門駅前にある三毛門南瓜保存会事務所壁面に説明の内容を充実させて2017年10月18日に設置されています。

毎年春に保存会の皆さんの協力のもと、三毛門小学校の三年生たちが播種し二学期の最初頃に体験収獲を行っています。


[PR]
by iruka-boshi | 2017-12-23 12:11 | Comments(0)