21世紀星図(Epoch 2.000)/篠田星図 1979年刊行

誠文堂新光社の「全天恒星図2000」は、1984年9月25日に第1刷が発行され、地人書館の「標準星図2000」は、1995年6月10日に初版が発行されています。

また、恒星社厚生閣の「全天星図2000年分点」は1989年3月15日の発行となっています。
これら出版大手の2000年分点星図の発行年を思うと、個人的出版物の「21世紀星図(Epoch 2.000)」の発行年が1979年6月であることは驚くべきことではないでしょうか。
d0163575_14195673.jpg


「野外星図2000」(誠文堂新光社)の発行が1982年12月1日であることと比べても、著者の労苦は多大であったであろうと拝察いたします。

ちなみに「21世紀星図(Epoch 2.000)」刊行の一か月前に発刊された中野繁氏の「スター・アトラス 星座手帖」は1950年分点です。

まあ、精度や使用目的や使い勝手の良さなどを論じないで、分点だけを取り上げても仕方がない、と言われればそのとうりなのですが。


篠田星図は全天が20枚の星図に分けられ、7.5等級までの恒星に変光星・重星・星雲星団・超新星痕跡が記されています。
d0163575_14202338.jpg

白鳥座付近の星図、 ↑ 銀河や北アメリカ星雲などの青色と赤い書込み文字の対比が美しく、見ていてあきない。
d0163575_14203865.jpg

オリオン座付近、バーナードループも美しく描かれていますが、図版の枚数が少ないためか各星座が若干小さく、4等級と5等級の区別、6等級と7等級の区別などが付け難い感があるようです。
d0163575_142129.jpg

星図に「星座・図版対照表」と「簡易星雲星団表」の付表が付いています。
d0163575_142123100.jpg

表の左端はNGC、IC、その他のカタロク番号です。その右側2列は2000年分点による赤経・赤緯で、次は図版(星図)の番号、その次は天体の種類(例えば系外星雲は1、散開星団は2、惑星状星雲は6、という具合)、次は写真等級でその次は天体の視直径を角度で表しています。右端に少しだけ写っている部分はメシエ番号です。
d0163575_14214493.jpg

星図のすべてに著者自筆のサインと押印があります。「21世紀星図」の名称とともに著者の星図制作の思い入れがこちら側にも伝わってくるようです。
d0163575_1422973.jpg

北極星付近 ↑   篠田星図は、実際の星図としての使用に加えて「星図を眺める楽しみ」という要素も含まれているようで、この星図を所持していることによって、美しい星空を我が手に納めているという満足感?あるいは充実感?、を満たしてくれるような気がします。



「21世紀星図(Epoch 2.000)」及び付表
著者: 篠田皎
発行年: 1979年6月

図版: 20枚/最微7.5等級/2000年分点
星図面: 30×23センチ
付表: 40ページ
星図全体サイズ・37×26センチ/ルーズリーフ式
[PR]
by iruka-boshi | 2017-10-27 14:22 | Comments(0)