人気ブログランキング |


拙ブログの 2010年10月7日に「三谷温泉プラネタリウム館」の絵葉書を載せていますが、「SKY AND TELESCOPE February 1960」に、絵葉書とほぼ同じ構図の写真(広告)が掲載されています。

絵葉書はこちら→https://irukaboshi.exblog.jp/12043972/

使用されている機材は「興和中型プラネタリウム」の1号機です。設置場所は昭和34年(1959年)7月開業の「三谷弘法山遊園地」内で、プラネタリウム館開館も昭和34年でした。同遊園地は、1984年(昭和59年)3月で営業を終えていますので、恐らくプラネタリウム館もこの時に閉館されたのではないでしょうか。

d0163575_13544421.jpg
SKY AND TELESCOPE February 1960 ↑ 三谷温泉プラネタリウム館/興和中型プラネタリウム


プラネタリウム製作は、昭和21年に愛知県蒲郡市に設立された興和光器製作所(現・興和光学株式会社)で、設立当初は、メガネレンズ、オペラグラス、35mm映写レンズ、双眼鏡などを製作していました。昭和29年からは二眼レフカメラ「カロフレックス」の製造も手掛け、のちにレンズシャッター式6×6cm判一眼レフカメラ(コーワシックスシリーズ)を発表し高い評価を得ています。


プラネタリウムの製作は昭和33年からで、主任設計担当者は当時入社2年目のそれまではプラネタリウムを見たこともなかったという大河内偵一氏です。(天文と気象1980年10月号と11月号に大河内偵一氏へのインタビュー記事がのっていますので、開発開始の経緯などはこの号を参考にしています。)

興和中型プラネタリウムは設計・開発段階からすでに設置場所が決まっていたそうで、完成までに1年の猶予しかなかった、とのこと。その1号機が「三谷温泉プラネタリウム館」でした。

d0163575_13551540.jpg
「KOFUKU SANGYO(興服産業)」は、大正元年設立の「株式会社服部商店」の商事部門で昭和18年に服部商店から興服産業に商号を変更しています。プラネタリウム製作の興和光器製作所は興服産業の新規事業部門。


2号機は昭和37年8月20日開館の浜松市児童会館に設置されています。しかし、興和中型プラネタリウムは1号機・2号機の2機が造られただけで、以後は製作を中止しています。

d0163575_13555612.jpg
ドームサイズ10メートルと13~15メートル、20メートルの3種類に対応できるようです。 ↑ 専門の解説員は置いて無く、テープに録音された解説にあわせて係員が矢印で指し示す方法をとっていました。 太陽・月・惑星の動きはなく、投影だけですが、恒星は日周運動、歳差運動、緯度変換が可能でした。

設計者の大河内氏は1号機の不具合部分を改良した2号機の図面を引いて退職(名古屋工業大学機械工学科へ転職)されています。したがって「興和中型プラネタリウム」の製造が2機のみで中断された経緯については分からない、としていますが、恐らく採算が取れなかったからではないでしょうか。(ブログ主の想像です。)


しかし、1号機納入の半年後にSKY AND TELESCOPE誌に広告を出しているところを見ると、少なくともこの時点では興和光器製作所または興服産業は、興和中型プラネタリウムの海外進出を企図していたのではないかと思われます。



# by iruka-boshi | 2019-08-25 13:56 | Comments(0)

画像中央の二つ並んだ星のうち、上が「ふたご座のα星カストル」、下が同じく「β星ポルックス」です。 ↓ 画面中央下の地平線付近に「水星」が見えています。

d0163575_15305643.jpg
2019年8月14日 4時29分~30秒露出

一般的に星座案内(星座の見つけ方)の本は「春の星座」とか「夏の星座」とかに分けられて各星座が紹介されています。たとえば「獅子座」「おとめ座」「牛飼い座」などは春の星座、「てんびん座」「さそり座」「いて座」などは夏の星座という具合です。

それでは冬の代表的星座iに分けられている「オリオン座」は夏には見えないのか、と言うとそんなことは無く、夏の明け方にはすでに東の空に現れています。


山口誓子の句に『オリオンが出て大いなる晩夏かな』というのがあります。

まさに夏の終わり頃の明け方、東の地平線付近に現れたオリオン座を詠んだ句で、オリオンといえば冬のイメージが固定観念としてあるなか、意表を突く言葉選びで新鮮な驚きを与えてくれます。

季節は、そして時間は確実に前に進んでいる、という当たり前の再確認です。


オリオン座に限らず明け方の東の空の星座たちは、季節の移り変わりを示してくれるだけでなく、生活に変化(気持ち的にも)与えてくれる存在です。

d0163575_15333549.jpg
2019年8月14日 4時39分~30秒露出  

さて、「アイヌの星/末岡外美夫著」によると、日高、札幌、ニセコ、長万部などの北海道西部のアイヌモシリ(アイヌの生活圏・文化圏)では、カストルとポルックスの一対の星を「神の宿る熊の耳」とみて、『アシルペノカノチゥ(熊耳星)』と呼んだといいます。アシルペは「熊の耳」で、ノカは「形」、ノチゥは「星」です。

ふたご座のα星カストルとすぐそばのρ星を結んで熊の左耳(ハラキシ・左側に生えたもの)に見立て、β星ポルックスとその横にあるσ星を結んで熊の右耳(シモノシ・右側に生えたもの)と呼び、ハラキシとシモノシを熊の両耳として『アシルペノカノチゥ』と呼んだものです。

アイヌモシリでは熊は神聖視されてさまざまな神話に登場しますが、これを反映して熊に因む名称を持つ星々がたくさん存在します。琴座のα・ε・ζの三星を「熊の頭星(マラットノカノチゥ」と呼ぶのもその一例です。マラットまたはマラプトは、日本語の「まらうど・客人」からの借用語と見られているそうです。


ところで、下は「全天恒星図2000/誠文堂新光社」のふたご座と小犬座の部分ですが、注目してもらいたいのはポルックスの下に鉛筆で書き込まれた小さな○と日付です。「6/30」とか「7/1」「7/3」と記入されていることがわかると思います。

d0163575_15343571.jpg

これは双子の足元から続いていて、さらに辿っていくと牡牛座のプレアデス付近から始まっています。最初の日付は「6/16」です。彗星の星座間の移動を覚え書き風に印したものと思いますが、さて何彗星でしょうか。

この星図はかなり前に入手したもので旧蔵者による書込みですので、筆者(プログ主)には俄に何彗星であるかは分かりません。過去にプレアデス付近を通過した彗星はいくつもありますが、星図入手の時期を考えると7~10年以前の彗星と思われます。

d0163575_15350523.jpg
日付も移動方向も分かっていますので、その気になって調べてみれば案外簡単に彗星名がわかるのではないかと思うのですが・・・。
d0163575_15383458.jpg


# by iruka-boshi | 2019-08-18 15:40 | Comments(2)

求菩提資料館(福岡県豊前市)のミニ展示場にて「中津和傘」展が開催されていますので見に行ってきました。 (~9月1日まで)

中津和傘の製造は1812年(文化9年)ごろからで、古博多町の植木屋与一と塩町の塩屋嘉兵衛の両名が傘の製造と販売を藩に願い出たことに始まります。
当初は町人(職人)の仕事でしたが、幕末に至り中津藩は生活の厳しい下級武士にも和傘作りの内職を奨励しています。

和傘づくりの最盛期は昭和初期で約70軒の和傘屋があったそうです。

しかし、洋傘の普及とともに和傘製造は徐々に衰退し、平成15年には九州で唯一となった中津の和傘屋さんが廃業して伝統が途絶えてしまいました。

d0163575_00021626.jpg


現在、中津で和傘を製造している「和傘工房 朱夏」は、平成17年に伝統を復活させた方々で、今回の「求菩提資料館・中津和傘展」は「朱夏」のオリジナル和傘です。

d0163575_00024357.jpg
伝統的な番傘・蛇の目傘・日傘・踊り傘などのほかに現代的な感覚の和傘やランプシェード、あんどん、特注傘も作っています。


# by iruka-boshi | 2019-08-17 00:03 | Comments(0)

(2019年7月13日の続きです)

「万葉集天の川伝説」の後半は、日本の七夕祭/かささぎ物語/万葉集・天の川考/天の川・万葉白文、 の4章ですが、中心を成すのは「万葉集・天の川考」で、万葉集4516首のうち七夕の歌132首、なかでも天の川を詠った47首から10首、七夕(ナヌカノヨヒ)・織女(タナハタ)を詠った3首を取り上げて解説を加えています。

「天の川・万葉白文」の章では、天の川を詠った47首のうち「天漢」と表記した33首を紹介しています。 その中から2首。

● 天の川 渡瀬深み 船浮けて 漕ぎ来る君が 楫の音聞ゆ (あまのかわ わたりせふかみ ふねうけて こぎくるきみが かぢのときこゆ)

● 天の原 振り放け見れば 天の川 霧立ち渡る 君は来ぬらし (あまのはら ふりさけみれば あまのかわ きりたちわたる きみはきぬらし)

2首ともに「天の川」は「天漢」と表記されています。牽牛が織姫のもとに通う歌ですが、これは万葉の時代の婚姻形態「妻問婚」を反映しています。

また、天の川に川霧が立つことは牽牛の出航の合図で、他の七夕の歌にも詠われています。

なお、「漢」の一字だけで「天の川」と詠んでいる歌もあります。

● ひさかたの 天の川瀬に 船浮けて 今夜か君が 我がり来まさむ  (作:山上憶良/724年7月7日の夜に左大臣・長屋王の邸宅にて作る。当時、憶良64歳、この2年後に筑前守に任ぜられ大宰府に赴きます。)


さて、次はラフカディオ・ハーン(1850-1904)の「天の川幻想」です。

本書は、ハーンの死後1905年にアメリカの出版社から刊行された短篇集「天の川縁起-その他」を中心に、「怪談」に収録されている「蟲の研究」のなかから「蚊」、ハーンの死後海外向けに英文で刊行された「日本お伽話」のなかから5篇、それに「天の川縁起-その他」がアメリカで刊行されたときの「序文」とハーンの妻・小泉セツによる「思い出の記」の2篇が加えられた構成になっています。


「天の川縁起-その他」からはそれぞれ趣きの異なる短篇が6篇訳出されています。表題作の「天の川縁起」、鏡の乙女/妖怪の歌/日本からの手紙/伊藤則資の物語/究極問題、です。怪妖変化、異世界、日露戦争当時の世相風俗の記録、霊魂の哲学的考察などです。

収録作品はすべて海外読者を対象にして英文で発表されていますので、当然のことながら本書を出版するに当たり、英語を日本語に訳するわけですが、編集段階で「万葉集の天の川または七夕の歌」はあえて英文のままとして残し、掲載しています。

「妖怪の歌」は江戸時代の「狂歌百物語」に収められた妖怪変化にまつわる狂歌を英文で発表したもので、この狂歌の部分も英文のまま残して本書に収録されています。


歌の部分を英語で残して日本語の歌と対比させる、という面編集方針が本書の大きな特徴となっています。対比することにより、歌の解釈の幅が広がり、さまざまにイメージを膨らませることができるような気がします。

d0163575_21411385.jpg

装画・装丁/木幡朋介 ↑ 装画はレオポルド・トラッティンニック『植物宝典』の<夕顔>の花をアレンジした、とあります。

夕顔の「つる」を伝わって天上界へ登るという伝説に因んで描いたものと思いますが、織姫の異名のひとつに「朝顔姫」があることを書き添えておきます。「朝顔」の別名を「牽牛花」と呼ぶことから転じたもののようです。


表題作「天の川縁起」は、「たなばた」の起源から説き、平安宮中での宮廷祭事としての七夕祭の様子を細部にわたって丁寧に説明し、ときおり出雲地方の七夕行事を交えながら江戸時代に於ける庶民の七夕祭の隆盛を語っています。


七夕の行事としての解説に次いで、「万葉集」の文芸的水準の高さ・詩情の豊かさに言及し、なかでも山上憶良の歌は古代ギリシアの「哀悼詩(エピグラム)」に匹敵する素晴らしい詩歌だと絶賛しています。(読者を英語圏の人々に設定しているために古代ギリシアの詩歌を引き合いに出したのだろう)

本書ではハーンが訳した七夕の歌41首が紹介されています。そのなかから3首。

d0163575_21422531.jpg
d0163575_21431806.jpg

d0163575_21455519.jpg
d0163575_21464666.jpg

d0163575_21495119.jpg
d0163575_21533822.jpg

また、「妖怪の歌」のなかから「雪女」を詠んだ狂歌を1首。

d0163575_21542983.jpg
d0163575_21550819.jpg

ハーンは怪奇物語として短い言葉で巧みに英文に纏めています。しかし、狂歌は日本の風俗習慣、民間伝承や迷信、日本の小説や芝居などをある程度理解していなければ、その面白みがなかなか読者である英語圏の人々に伝わらないと思うのですが、はたして英語圏読者はどこまでこの面白みを理解したのでしょうか。



《万葉集天の川伝説 中国・老河口紀行》
魚住孝義著/1992年8月7日 初版第1刷
花伝社発行/共栄書房発売


《天の川幻想-ラフカディオ・ハーン 珠玉の絶唱》
小泉八雲著/船木裕訳
1994年7月10日 第1刷/株式会社集英社発行



# by iruka-boshi | 2019-07-16 21:56 | Comments(0)

画像右側の「万葉集天の川伝説」 ↓ は、サブタイトルに「中国・老河口紀行」とあるように、本書前半に中国湖北省老河口市での旅の記録が収められ、後半では福岡県小郡市大崎地区の七夕神社(姫社神社)の七夕祭の紹介と万葉集に収められた七夕の歌、なかでも「天の川」を歌った四七首のうちから数首を取り上げて著者独自の解説を記す、という内容構成になっています。

d0163575_18034858.jpg
著者は太平洋戦争時、中国湖北省応城の野戦病院で軍医として勤務していました。応城は漢口(武漢)の西北60キロの地にあり、応城県庁の所在地ながら当時は電気も水道もないひなびた地であったそうです。

ある日、応城県長のお嬢さんを診察したとき、著者は県長に天の川について質問をします。「中国では天の川を銀漢・河漢と呼び日本の古典・万葉集では「天漢」と書いて「あまのかわ」と読ませている、これはどういう訳でしょうか」

著者はなぜ「漢」なのか、と問うたのです。すると県長は、「漢水」という大河に由来すると答えます。

「漢水」は、陝西省寧強県秦岭山の南麓を源として湖北省の山岳地帯を東に流れ、中流域の丹江口近くでは川幅800メートル以上となり、一気に瀑布となって平野部に落下し、武漢(漢口)にて揚子江に合流する全長1577キロメートルの大河であり、長江(揚子江)最大の支流です。

この漢水(漢江)がある湖北省の北部では夏になると天の川は西北の空に垂直に立ち上がり、その姿が漢水の流れに映ってあたかも天の川と漢水が水平線付近で繋がっているように見える。

そのため、この地には天の川が映った漢水をどこまでもさかのぼって行けば、やがて天に達することができるという言い伝えがあるといいます。

天の川こそ漢水の源であるということで「漢水天より来る」という言葉とともに古来より語り継がれていることだという。応城県長はゆえに「漢」なのだと説きます。

d0163575_18060570.jpg
本書の口絵より ↑ 脇本弘氏 画

戦後、著者はこのときの「天の川談義」を含む「ある患者収容隊員の死」という著作を上梓します。
するとこの本を読んだ方々数名から「漢水の火の玉」のエピソードや火の玉の絵が著者のもとに送られてくることになります。

そのなかの一人、当時、漢水中流域の「老河口」に駐屯し漢水左岸を警備していた中隊の中隊長だった人物より「毎夜、一定の時刻になると漢水の上に火の玉が出現した」という記事が載る「中隊の記録(第85旅団 独立歩兵第27大隊 第2中隊)」を受け取ります。

火の玉出現を不審に思った中隊長による調査の結果、その正体は漢水に映った天の川だった、という結論なのですが、この記録を読んだ本書著者は、もう一度湖北の地に渡り、漢水の水面に映る数えきれないほどの星々が実際の空の星と反射し合い、まるで大きな火の玉のように見えたいう光景を思い浮かべ、老河口への旅を企図します。

本書の全10章のうち、第1章から第6章までが旅の記録ですが、その第3章に湖北省北部漢水流域に伝わる「七夕物語」が収められています。

この地で語られる七夕伝説は、日本の一般的な七夕伝説とやや異なっていて、織女と牛郎(牽牛)の仲を取り持つのは牽牛が飼っていた言葉をしゃべる牛で、織女は天帝の七人姉妹の末娘という設定です。

牛郎(牽牛)と一緒に暮らすようになって二人の子供をもうけますが、許しを得ずに人間と結婚したことを怒っている天帝の妻は末娘に天上界に戻ることを厳命し、簪で天空を切り割いて天の川をつくり、二人を隔てます。

織女は天上界で毎日「雲」を織ることを命じられますが、著者はこの「雲を織る」というところに注目し、万葉集のなかの数首に織姫と雲を同時に詠み込んだ歌について、歌の作者は七夕伝説の原形ともいえるこの物語を知っていたのではないか、としています。

● 天の川 霧たちのぼる たなはたの 雲の衣の かへる袖かも  作者不詳

● 秋風の 吹きただよはす 白雲は たなはたつめの 天つ領巾かも  作者不詳


「領巾(ひれ)」は古代女性の装身具のひとつですが、岩波書店の「万葉集一」の488ページの説明によれば『細長い布の一端を右肩から前に垂らして端を懐に挟み、その残りを首の後ろに回して左肩から前に膝あたりまで垂らす』とあります。また「領巾」には超自然的・神秘的な力が宿っている、とも考えられていました。


本書前半の最終章「天河口紀行」は、著者に湖北省の七夕伝説を紹介した作家・湯礼春氏による天河口への旅の記録です。

天河口は老河口よりさらに約200キロ上流で、この地に漢水に流れ込む支流のひとつである「天河」があります。 地上の「天の川」への旅です。


2019年7月16日に続きます。


# by iruka-boshi | 2019-07-13 18:06 | Comments(0)