鉄筋コンクリート造鉄骨トラスト三階建ての本館と鉄筋コンクリート二階建ての別館から成る市民会館は、昭和39年9月に完成を迎えています。 起工式は前年の12月です。
d0163575_15371425.jpg

ファサードは全面ガラス仕上げで、窓枠の格子の直線と相まってシャープで緊張感のあるデザインと言えます。

しかし、ことさら冷たく感じないのは、多分、ポーチ部分の円い柱と半円形に突き出た二つの「ひさし」、さらに正面最上部の丸みを帯びた形によるものではないでしょうか。
d0163575_15374428.jpg

あるいは、ガラスに映り込む人影や車、流れゆく雲や反射する光の作用も関係して、ガラスと直線からくる硬いイメージが薄らいでいるのかもわかりません。
d0163575_1538869.jpg

外観のシャープさは正面左右の外壁のデザインにも表れています。 左側外壁 ↑ 力強い直線が繰り返えし現れ、硬さのなかにも軽快さがあります。
d0163575_15382829.jpg

右側外壁 ↑ このジグザグの面白さ・軽快さは建物内部にも取り入れられています。
d0163575_15385388.jpg

ロビー風景 ↑ 「第46回行橋市民文化祭カラオケ大会」開催時に撮影(平成28年10月16日)
d0163575_15391451.jpg

d0163575_15393626.jpg

バルコニーの上の絵画は、右側「樹林/三上浩氏画」、左「聚/原田雅兆氏画」 ↑
d0163575_15395459.jpg

バルコニー通路より正面入り口を見る。 ↑ 右側、ホール入口
d0163575_15401934.jpg

バルコニー中央の装飾部分
d0163575_15404388.jpg

二階ホール入口へ続く階段、壁面に行橋市の特産品のひとつ「ワタリガニ」や桜花が描かれた飾り石が配されています。
d0163575_15411176.jpg

d0163575_15413029.jpg

ロビー左側の壁面も特産品のブドウや市花のコスモスで装飾されています。
d0163575_15414781.jpg

d0163575_1542349.jpg

d0163575_15422146.jpg


続きます。
[PR]
# by iruka-boshi | 2016-11-03 15:42 | Comments(0)
平成28年10月22日、須賀神社(福岡県直方市)の秋季神幸大祭に合わせて5年ぶり5回目となる社宝「直方隕石」の一般公開が行われました。

神事の後、9時20分頃より鳳輦に安置されて公開されましたが、当日はあいにくの雨模様で、満足のゆく写真が撮れなかったことが心残りです。
d0163575_20364060.jpg

隕石上の白い点々はケースに付いた雨滴で、しかも他の写真同様ピントが甘い。(どうぞご容赦)
d0163575_20371548.jpg

d0163575_20373423.jpg

15分程度境内で公開後、須賀神社の氏子地域巡行へ出発です。
d0163575_2037556.jpg

d0163575_20381566.jpg

鳳輦に続いて各地区の山車が4基発御、一日かけて御旅所へ向かいます。隕石の公開は明日(23日)も御旅所(稲荷神社)で行われる予定ですが、過去の撮影経験から御旅所での撮影のほうが混雑がなく、楽な感じでした。

前回の公開時の画像は → こちら。
[PR]
# by iruka-boshi | 2016-10-22 20:38 | Comments(0)
昭和30年9月4日、平尾台の千仏鍾乳洞へ続く坂道の一角に、千仏洞の開発者「大石高平翁」の碑が建立されました。

小倉郷土会と美夜古文化懇話会の顕彰によるもので、撰文は劉寒吉、書は椿市村々長・塚内與四朗の揮毫です。
d0163575_13311161.jpg

碑は高さ1.8m、横2.7mの自然石を使用、碑文面は1.3m×0.85mの大きさ。

大石翁は明治10年4月京都郡椿市村高来に誕生、豊津中学校で学んだのち、歩兵第14連隊に入隊し日露戦争に従軍。帰郷後は小倉市役所や門司兵器製造所勤務を経て、大正4年に椿市村長に就任しています。翁が千仏鍾乳洞の開発を思い立ったのは大正10年頃のことといいます。

当時、鍾乳洞の存在は地元民には知られていたものの深い叢林に埋もれ、しかも洞のある平尾台は陸軍省の関門要塞地帯の一部を成していたため訪れる人もほとんどいない、という状況でした。

このことを惜しんだ翁は、学術的にも観光地としての郷土発展のためにも開発保存が必要として関係諸機関に開発を請願しますが受けいられず、やむなく私財を投じての自力開発に着手します。

鍾乳洞までの道を整備することなど開発に5年あまりを要し、大正15年7月に開洞式を迎えることになります。しかし翁はさらに天然記念物の指定を目指し、関係部局との折衝を続ける日々を送ります。

現地調査に訪れた内務省の嘱託員の調査後の死去や管轄官庁の変更(内務省→文部省)、陸軍省の要塞地帯の問題解決等幾多の労苦を経て、昭和10年12月24日に国の天然記念物指定を得るに至り、ようやく大石翁の十数年来の悲願は達成されます。

しかし、時代はやがて戦争の世と移り、保存はともかくとして、観光洞としての経営は困難を極めたのではないか、と想像します。

戦後、大石翁は千仏洞の権利を他者に譲渡してまもなく、昭和25年12月4日に歿しています。波瀾に満ちた74年の生涯でした。

千仏鍾乳洞の12枚組絵葉書のうち、人物が写っているものを3枚掲載します。 封筒に押された入洞記念印の日付は昭和5年8月9日です。発行は経営者大石高平。また、洞の名称は「千佛大石鍾乳洞」となっています。
d0163575_1325237.jpg

絵葉書セットに同封された「洞内案内図」 ↓ 鬼柱 天戸岩 導楽地頭など現在の案内図の名称と微妙に違った名がつけられています。
d0163575_1325464.jpg

d0163575_1326746.jpg

鍾乳洞入口 ↑ 上部に「大石洞」と掘られています。
d0163575_13263696.jpg

「初音の乳」 ↑ 絵葉書の少年は左手にロウソクを灯していますが、これは撮影のための目印でしょうか。右手にはたくさんのロウソクの束が見えます。
d0163575_1327646.jpg

「地獄トンネル」から顔を出す少年。 右手にやほりロウソクを持っています。・・・、このロウソクが気になる、、、。それにしても見事な形状の鍾乳石です。

以下に顕彰碑の碑文を掲載しますが、読みやすいように改行して転載します。


大石髙平翁碑

千仏鍾乳洞開発ノ先覚者大石高平翁ハ行橋市高来ノ人ナリ

少壮ノ頃ヨリ千仏洞ノ叢林中ニ埋没シアルヲ惜ミ切ニ是ガ顕世ヲ念ズレドモ京都郡椿市村長 京都郡会議員 京都郡農会議員 京都郡教育会評議員等ヲ歴任スルナドノコトアリテ意ニ任セス

然レドモ千仏洞開発ハ翁ノ悲願ナリ 翁乃チ決然トシテ一切ノ栄職を辞シ余生ヲ捧ゲテ洞ノ顕世事業ニ邁進スルコトトナレリ 時ニ世人此ノ拳ヲ狂ト為シテ嘲笑スレドモ翁ハ毫モ意ニ介スルコトナシ私財ヲ擲ツテ刻苦専念遂ニ大正十五年七月開洞式ヲ挙行スルコトヲ得タリ

次デ昭和十年十二月天然記念物ニ指定サルルヤ学術研究ニ観光ニ千仏洞ハ一躍シテ天下ニ其ノ名声ヲ謳ハルルニ至レリ

今次大戦後管理ヲ他ニ譲渡シタリト雖モ昭和二十五年十二月行年七十四歳ヲ以テ歿スルマデ生涯ヲ挙ゲテ千仏鍾乳洞開発ニ努メタル醇乎タル翁ノ名ハ洞ノ在ラン限リ不朽ノ光栄ニ輝クモノトイフベキナリ

昭和三十年八月

撰文 劉 寒吉
顕彰者 小倉郷土會 美夜古文化懇話会


なお、千仏鍾乳洞の名称は近くに所在する「千佛寺(千佛大師堂)」に由来しています。

千佛寺は僧行基により天平13年(741)に草創された叡山願光寺(行橋市)の末寺で、天慶元年(938)頃に空也上人により開かれた、とのこと。この千佛寺は戦国時代に大友宗麟によって焼き払われ、奥の院だけが残ったのが、現在の千佛不動堂だそうです。
[PR]
# by iruka-boshi | 2016-10-17 13:27 | Comments(2)
家畜用の飼料米やもち米を残してほぼ刈り入れの終わったこの時季、田んぼの一角で「いのこさん」を見ることが出来ます。

・・・と言っても、当地ではかなり珍しい光景となっています。 ↓ 田の神様に収獲の無事を感謝する意を表しています。
d0163575_657957.jpg

苅田町片島にて。 ↑ 三株だけ残して互いを結び付けています。中央の棒は倒伏防止の支えですが、以前は支えの棒がなかったように思います。今の稲品種は支えの棒がないと倒れるということでしょうか。

コンバインによる収獲がほとんどの現在、三株だけ残すのは面倒なことと思いますが、機械化が普及する以前、昭和30年代くらいまでは各地で「いのこさん」を見ることができたのではないか想像します。

しかし、昭和40年まで稲栽培農家だった両親(私の)は、「いのこさん」を作ったことが無いし、見たことも無いと言いますので実態は不明です。
d0163575_6573968.jpg

みやこ町勝山黒田にて。 ↑ 10月の最初の「亥の日」に刈り取り、神前に供えるそうです。イノシシは多産ということで豊作の願いを込めて「亥の日」と結びつけられています。

行事としての「亥の子祭り」は、当地では多くの地区で戦前・戦中に途絶えているものの、旧豊津町(現みやこ町豊津)の各地区、旧勝山町(現みやこ町勝山)の長川地区などで「亥の子打ち=もぐら打ち」が昭和20年代まで行われていたそうです。

また、「亥の子餅」は「亥の子打ち」が途絶したのちも暫らくのあいだ作られていた、と言います。
亥の子餅は、「おはぎ」または「きな粉もち」にして、家族全員で食べた、とのこと。
[PR]
# by iruka-boshi | 2016-09-30 06:57 | Comments(0)
『古事記』のイワレヒコノミコト(のちの神武天皇)の東征の条に、ニラが「賀美良(かみら)」の古語で登場します。

小学館の「日本古典文学全集」の現代語訳では「かみら」は「臭韮」の字が当てられ『カは臭気の意の接頭語。ミラは韮(ニラ)の古名。』と注釈されています。

「かみら」の語の前後を上記の全集より転記すると次のとおりです。

『久米の子等が 粟生には 臭韮一本 そねが本 そね芽つなぎて 撃ちてし止まむ』

口語訳:「久米部の者たちの粟畑には、においの強いニラが一本生えている。その根と芽を一緒に引き抜くように(敵を一人も残さず)数珠つなぎに捕らえて、撃たずにおくものか。」

「イワレヒコノミコト」と先住の土着民(土蜘蛛)「ナガスネビコ」との戦いの場面で、ミコトが発した言葉です。

「ナガスネビコ」は、かつてミコトの兄の「イツセノミコト」を死に至らしめています。そのこともあってか、強い敵意を持った言葉となっています。しかし、なぜここで敵をニラにたとえているのか。他の草々ではダメなのか。

ここからは筆者の単なる妄想ですが、敵→ニラの例えは第一にその独特の臭気にあるように思えます。次にニラのしつこいとも言えるほどの強靭さにあるのではないでしょうか。

筆者の実家に狭いながらもニラ畑があります。5月頃から収獲を初めて9月中旬まで、ひとつの株から8回ほど収穫できます。天候にもよりますが、根を残して切り取られた株は、2週間程度でもとの大きさに成長することになります。成長が早いだけでなく、暑さにも強いようです。

下の画像は、我が家の庭の片隅に毎年勝手に生えてくるニラですが、今夏の猛暑と雨不足で庭の草木が枯れてゆく中、このニラは、ご覧のように青々とし、時節とおりに花茎を伸ばしています。

元々、この場所にニラを植えたわけではなく、庭に土を入れた際、ニラのタネか根が混ざっていたものと思われます。
d0163575_13482140.jpg

また、田舎道を歩いていると、使われなくなった畑の隅や畦道でニラの群生に出会うことがあります。施肥などの手入れをしているわけでもないのに、毎年同じ場所で生き生きと繁茂しています。

ニラの強い生命力を感じますが、このニラが『古事記』に記すように大事な粟畑に生えている。イワレヒコノミコトは大いに癪に障ったことでしょう。

さて、タイトルのハナニラの件、あえて「食用のハナニラ」としたのは非食用(観賞用)のハナニラがあるためです。非食用ハナニラについては、拙ブログの2013年3月30日に載せていますので、ご高覧頂ければ幸いです。

ニラの花はお盆ころからポツポツと咲き始めますが、食べごろの蕾が最盛となるのは9月上旬~中旬です。食べ方はニラの葉とおなじです。しかし、ハナニラならではのレシピもあることと思います。いずれにしても花になる前の蕾の時がよいと思います。
d0163575_1347462.jpg

ニラ畑ではなく、田んぼの土手に群れ咲くニラの花。 ↓ 捨てられた土から芽を出し、旺盛な繁殖力で群れを作ったようです。
d0163575_1344561.jpg

d0163575_13451975.jpg

白い花の中央に小さな緑の実が見えています。 ↑ これから10月にかけて徐々に実が熟して行きます。

10月下旬、実は弾け、黒いタネが数粒みえています。タネの大きさは1ミリ前後、ひとつの実に3~5粒はいっています。
d0163575_1350592.jpg

タネは「韮子(きゅうし)」と呼ばれて生薬として用いられるそうです。

ニラは、葉はもちろんのこと、茎も花もタネもニラの味がします。食べたことはありませんが、多分、根もニラの葉と同じ味がするのではないでしょうか。
[PR]
# by iruka-boshi | 2016-09-10 13:50 | Comments(0)