<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

(2017年4月19日・21日の続きです)

松下紀久雄はスマトラでの取材旅行中、ボルネオ報道班への転属を命じられています。

スマトラの取材旅行からシンガポールへ戻った松下紀久雄は、取材で得たスケッチを「昭南日報」へ寄稿した後、ボルネオのクチンへと向かいます。

本書の「ボルネオの一夜」によると、クチン到着は「前田閣下」の葬儀の2~3日前ということで、昭和17年10月中旬~下旬にはすでにボルネオでの取材活動に入っていたものと推測されます。

前田閣下とは、前田利為(まえだ としなり)ボルネオ守備軍司令官のことで、昭和17年9月5日にボルネオ沖で搭乗機が消息を絶ち、のちに機の残骸と遺体が発見され葬儀が執り行われています。

著者のクチン入りはその葬儀の数日前であったため、葬儀参列に各地から参集した士官・下士官・名士でクチンの町は溢れ、宿を取ることに難儀した、とのこと。

『南を見てくれ』の第3章「ボルネオ」は、11のエピソードに説明付きの31点のイラストとヤギ・サル・ワニ・コウモリなどを描いた説明なしの9点のカットで構成されています。


記事タイトルは次のとおり。

ボルネオの一夜/サラワツクの歴史/久鎮の町/サラワツク川/イカンタマコ/樹間のコーヒー店/ボルネオの子/農民指導/兵隊さんの先生/クチンウヰスキー/海ダイヤ族


サラワツクはボルネオ島の西側の現マレーシア領サラワク州でクチンはその州都、イカンタマコとは空気呼吸が可能で陸上を移動することができる「歩く魚」のことで「キノボリウオ」のことだろうと思いますが、ものの本によると空気呼吸はできるが木に登ることはない、とあるものの、著者は木に登っているのを見たと書いています。
d0163575_124545100.jpg

日の丸を付けた船が行き交う「サラワツク川」 ↑

「兵隊さんの先生」は、ボルネオでも日本語教育がさかんで、学校では子どもたちが熱心に日本語を学んでいるという話、「ボルネオの子」のなかにも日本語教育の成果がさりげなく出てきます。

この「ボルネオの章」に限らず「シンガポールの章」「スマトラの章」の各エピソードに日本語教育とその成果が頻出します。

日本語教育が占領軍の重要施策で宣伝班の主要な任務であったことがよくわかると思います。

『南を見てくれ』の記事とイラストは、現地の風俗・住居・街角の様子・子どもたち・市場風景・遭遇した出来事などに始終し、戦闘場面などの軍事的なものは一切出てきません。
d0163575_1246928.jpg

クチン港町 ↑

これは著者の現地入りがシンガポール陥落後であり、従軍記者のように最前線取材ではなかったことと関連するものと思いますが、日本軍占領後の現地は安定しているということを伝えたいがための意図的編集に加え、著者の好みというか好奇心による記事内容とイラストレーションの選択が行われた結果ではないかと推測します。

また、政治・軍事的風刺画も現地新聞に寄稿したものと想像しますが、これらは『南を見てくれ』には1点登場するのみです。その1点についても「イギリスの国旗が描かれた旅行カバンを担いで葉巻を咥えたチャーチルが旅に出る」というもので、イギリス軍の降伏を描いているのでしょうが、敵意剥き出しで描かれているわけではありません。

敗者を侮蔑的に描こうと思えばどのようにも描けたでしょうがそうしなかった、少なくとも本書には掲載しなかったということは、著者のプロパガンダに対する考え方ないしは性格が表れているように思われると同時に、本書を「東南アジア紀行画文集」に仕立てたかった、という意図を感じさせられます。
d0163575_12462935.jpg

家には一軒一軒小さな橋がかかっている ↑ 右側のイラストは、「サラを食べるこども」 サラというのは色も白いし日本の甘酒のような物で、一杯サトセン(一銭)、の説明付き

第4章は「報道漫画について 序と編輯後記にかへて」で、3ページに亘って報道漫画を含む宣伝活動の重要性とその意義が述べられています。

その中から一部を転記してこの稿を終わります。

『・・・・、報道漫画の條件としては、その作家の深い観察から来る現実性であって、抽象的な理論や、自己の主観から来るものではなく、あくまで戦争遂行上の国家目的と同目標でなくてはならないと思ふ。』

報道班員の任務上、そのとおりなのですが、本書に限っては南方の珍しい光景を集めた画文集の趣きです。



『南を見てくれ』

著者: 松下起久雄(注・奥付の印刷のまま)
印刷: 昭和十九年八月十五日
発行: 昭和十九年八月廿日 第一刷
定価: 六圓
特別行為税相当額: 五十銭
売価: 六圓五十銭
出版会承認イ180100
2000部発行(3000部と印刷した上に2000部の紙片を貼付している)
15×21cm/204ページ

発行者: 松川健文
整版者: 光村原色版印刷所
印刷者: 光村原色版印刷所
発行所: 新紀元社
配給元: 日本出版配給株式会社

なお、「報道漫画について 序と編輯後記にかへて」の文章末尾の日付は昭和十九年六月で、「松下紀久雄」とあり、その肩書きは「建設漫画会」です。

また、この稿を書くにあたって「戦時下の古本探訪 こんな本があった」 ↓ 櫻本富雄著/インパクト出版会発行/1997年 を参考にさせて頂きました。
d0163575_12465894.jpg

[PR]
(2017年4月19日の続きです)

『南を見てくれ』の4つの章のうち第2章の「スマトラ」は、「昭南島」と「ボルネオ」の章の倍の100ページを割いて、36のエピソードに53点のイラストが添えられています。

イラストの数は「昭南島」の2倍、「ボルネオ」の3倍あります。1942年の9月に行われたと推定されるスマトラ島の取材旅行が、著者にとって如何に印象深いものだったか窺われます。

イラスト53点のうち、「南洋の中央市場 セントラル・パサル」「日本語進駐」「牛のカバラとタイプの音」「スマトラの子供」「砂糖より高い塩が出来る」の記事に添えられた5点は、「昭南日報」の連載記事「明朗なスマトラ新生譜(1942年10月16日から10月21日まで5回掲載)」に付されたイラストの再録です。

イラストの多くは住居や人物・風俗、市場の様子、旅行中の印象的な出来事、印象深い風景などです。旅行参加者は、「陣中新聞」の佐々木六郎上等兵、「昭南画報社」の菅野カメラマン、「昭南日報」の外勤部長・葉勤生、マライ紙編集次長アブドラカメル、それに松下紀久雄とマライ人の運転手の総勢6人です。

「陣中新聞」というのは、占領地で軍政を敷いた陸軍第25軍司令部新聞班が発行した日本将兵向けの「陣中新聞『建設戦』」のことです。

スマトラ島滞在中、取材旅行は2回行われています。

第1回目は、スマトラ島北部を巡る旅で、スマトラ島東北部の最大都市メダンを拠点に、海岸線沿いに北上し商都「ロークスマウェ」を経て「ビルン」に至り、さらに内陸部の「タケゴン」へと進んでいます。途中、アチェ州の漁村パンテラジヤ、シンパンバレツク温泉、シグリ、コタラジヤなどで休息・食事・取材を行っています。

取材といっても本書の記事内容を見るかぎり、「見学」に近いかたちの気が向くままの旅のようです。ただし、さまざまな危険を伴う旅行だったようで、決して気楽な旅ではなかったことと思います。
d0163575_1493164.jpg

ガヨ族の婦人たち ↑

2回目は、メダン→プラパット→バリゲ→シボロンボロン→シピロック→コタノパン→デイコック→パダン→メダンで、メダンより南側の内陸と西海岸の取材旅行でした。1回目、2回目ともに20日間程度の旅行だったようです。

d0163575_1495232.jpg

「三銭のコーヒーと一圓の定食」の挿絵 ↑ 左側のイラストは「アチェの漁村」。 ヤシの木陰で筆者たちに敬礼する少年が描かれています。

 文章なしでイラストのみのページが結構あります。『南を見てくれ』のサブタイトルが「南方画信」であることがよくわかります。

d0163575_14101464.jpg

「ガヨ族のアパート生活」の挿絵 ↑ このイラストは、「昭南日報」に掲載されたイラストの再録、とのこと。
d0163575_14103046.jpg

「スマトラは牛が多過ぎる」より ↑ 空かんを叩き、クラクションを鳴らしても動こうとしない牛たち。  右から二人目の人物は首からカメラを提げていますので「菅野カメラマン」なのでしょう。

(続きます)
[PR]
シンガポールは1942年2月15日の陥落から1945年9月12日の在シンガポール日本軍降伏までの約3年半、日本の占領下にありました。

この間、占領地の住民に対する宣伝宣撫・日本国内向けの報道・現地日本軍将兵への啓蒙及び慰問・対敵宣伝などを目的として、作家・画家・新聞記者・雑誌記者・編集者・映画関係者・放送関係者・印刷関係者・演劇関係者等々が徴用され、シンガポールをはじめとしてスマトラ・ボルネオ・ジャワなどの占領地各地でいわゆる「文化工作」が行われました。

『南を見てくれ』の著者「松下紀久雄」も徴用されて現地での「文化工作」に従事した人物のひとりで、同じく徴用された横山隆一や近藤日出造、麻生豊、清水崑、小野佐世男らと同様に漫画家でイラストレーターでした。
d0163575_131351.jpg

南方戦線・占領地における文化政策やプロパガンダの「文化工作」従事者の徴用・派遣は1941年10月に始まっていますが、松下紀久雄の徴用時期ははっきりしていないようです。

しかし、1942年5月に現地華字紙「昭南日報」に彼が描いたイラストが掲載されていますので、この頃にはすでにシンガポールで活動していたと考えられています。

彼のシンガポールでの活動拠点は、日本軍が接収したロビンソン・ロード45-49号の南洋商報社(昭南画報社)で、陸軍企画部宣伝班の美術部に所属して、華字紙「昭南日報」や英字紙「昭南タイムス(THE SYONAN TIMES)」に漫画(イラストレーション)を提供していました。

『南を見てくれ』は、「昭南島」「スマトラ」「ボルネオ」「報道漫画について」の4章から成り、それぞれの土地で見聞きしたこと、経験したことを合計69のエピソードで綴り、全124点のイラストレーションを添えています。イラストは記事内容に沿ったものもあれば、記事とは関係なく現地で彼の印象に残ったと思われる風俗・人物・建物などが取り上げられています。

「昭南島」の章では17のエピソードに31点のイラストが添えられています。記事タイトルは次のとおり。


昭南島の日本語学校/神保学校/特別市立中央病院/マライの増産/チャーチル市場/ユビーとケダモノ/昭南神社/新世界/バタの臭みから味噌汁の味へ/新聞売り/南進通りオーチャード・ロード/印度人の番人/昭南島の劇場/昭南島人種展/華僑の街/税金納入済/華僑の子供


いずれも日本軍政下でのシンガポールの繁栄・日本人への親しみなどが語られ、物資の豊富さや治安のよさ、日本語教育の成果などが強調されています。

しかし実際は必ずしも現地社会が安定していたわけでなく、抗日華僑グルーブの存在や闇市の横行、金融の崩壊など多くの問題を抱えていました。

・・・が、これらには全く触れられていません。これは著者が自身の考えで意図的にスルーしたものか、軍部による指導によるものなのか判断は付きませんが、これこそ文章とイラストによるプロパガンダそのものなのでしょう。

「文化工作」の重要な仕事のひとつに「現地の人に対する日本語教育」がありましたが、『南を見てくれ』においても日本語学習熱の高まりとその成果が各エピソードの随所で見受けられます。

「昭南島の日本語学校」に添えられたイラスト ↓ 『南を見てくれ』にはたくさんの子どもと女性の姿が登場します。
d0163575_135347.jpg

宣伝班が運営していた日本語学校は、詩人の神保光太郎を園長とする「昭南日本学園」とその付設の「昭南児童園」がありました。

学校では日本語学習に加えて、日本の皇国思想の移殖が試みられたことはいうまでもありません。

「神保学校」の挿絵 ↓ 
d0163575_22282534.jpg

「神保学校」に添えられたイラストは、「Syonan Times」の連載記事「昭南島建設」のイラストの再録です。
d0163575_22285332.jpg

「バタの臭みから味噌汁の味へ」の挿絵 ↑

タイトルの意味するところは、洋風の街並みや生活様式が日本風になってきた、ということでイラストの「ハイストリート」も日本人向きの食堂や商店が軒をならべているとのこと。

街角のインド人風の交通巡査は背中に交通指示機を背負い、日の丸の腕章をつけています。洋車(チャー)と呼ばれる人力車が重要な交通手段となっています。


(2017年4月21日に続きます)
[PR]