<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

綱敷天満宮(福岡県築上町大字高塚)の拝殿の天井絵は色あざやかで題材も豊富、自由奔放の趣きがあり、見ていて飽きません。人物画が多く、特に浮世絵美人図が目立つようですが、人物画は美人図だけではなく、横綱の力士絵や歌舞伎役者絵、江戸職人図などさまざまです。

なかには抱え大筒射撃の図などもあり題材のユニークさに興味は増すばかりです。

また、メジロやキジ、フクロウなどの鳥、リスやネコ、鯛やアザミの花などの動植物図、さらには打上げ花火の絵やスイカの絵などもあり、奉納の方々がいろいろな思いを込めて描いたであろう天井絵に心が動かされます。
d0163575_20115874.jpg

そのような天井絵のなかで一際異彩を放っている絵がありました。第二次大戦中の「一式陸上攻撃機」です。

「一式陸攻」とも略される同機の初飛行は昭和14年10月で、海軍の制式採用は昭和16年4月です。この年は皇紀で云えば2601年に当たるため「一式陸上攻撃機」と命名された経緯があります。

奉納天井画の「一式陸攻」には「763-12」の機番号が描かれ、第763海軍航空隊所属の機体であったことがわかります。第763隊は昭和19年秋以降のフィリピン防衛戦の主力爆撃隊で、機番「763-12」の「一式陸攻」は昭和20年2月にフィリピンのルソン島クラーク基地で米軍に接収されています。
d0163575_20125044.jpg

一式陸上攻撃機24型乙 第763海軍航空隊 攻撃第702飛行隊の「763-12」 ↑ の奉納画

天井絵はこの「一式陸攻」もそうなのですが、すべてに奉納者の名前・年齢・居住地名が書かれています。「一式陸攻」には奉納者名の下に70才とあり、東高塚と地名が書かれています。

東高塚は綱敷天満宮のすぐ近くです。しかも「一式陸攻」を運用する第762海軍航空隊が進出した築城飛行場は指呼の間。また、第706隊の「一式陸攻」が駐留した宇佐飛行場も飛行機の速さでいえばすぐそばです。

第706隊は「一式陸攻」と「銀河」からなる南西諸島防衛の主力爆撃隊で、昭和20年3月5日開隊、同年3月29日に沖縄戦に備えて攻撃訓練地の松島飛行場より築城と宇佐に進出展開されています。

沖縄戦では4月7日に発動された菊水1号作戦以降、第706隊・第762隊がこの地から「一式陸攻」で飛び立ち、第708隊(鹿屋)などと共に特攻戦を実施し、数多くの尊い命が失われるに至っています。また、第203隊(築城)も「一式陸攻」を運用していたこともあり、当地では割合馴染みのある機体だったのではないでしょうか。

「一式陸攻」の絵の端に「平成8年 模写」と書かれていますので、多分この年に奉納されたのでしょう。
そして年齢は70才と書かれています。・・・・ということは、終戦時、奉納者は20才前後であり、「一式陸攻」を頻繁に見ていたことだろうと想像します。

いや、むしろ「一式陸攻」の乗員あるいは整備などの従事者だったのかもわかりません。

奉納画の題材に「一式陸攻」を選んだことは、他者が窺い知ることができない奉納者のみが持つ特別の深い思い入れがあってのことでしょうが、「一式陸攻」の爆弾倉を改修してロケットエンジン搭載の有人ミサイル「桜花」を懸吊できるようにした「24型丁」の登場といい、それを実戦投入した非人間的な行い、投入せざるを得なかった当時の状況等々に想いを巡らせるにつけ、この天井絵は紛れもなく鎮魂の奉納画であることがわかります。
[PR]
d0163575_1531652.jpg

月齢27.5 2015年9月11日5時22分 ↑

あと10日ほどで金星は最大光度を迎えます。(9月22日マイナス4.5等) このとき、日の出まえの東の空に、ほぼ等間隔で斜めに金星・火星・木星が並びます。
今朝と同じように晴れればよいのですが・・・。
d0163575_15314120.jpg

9月11日5時20分 ↑ 月の左上に火星が見えています。しかし、このブログの画像で確認できるかどうか。光度は1.8等程度です。
d0163575_15323670.jpg

9月11日5時27分 ↑ 地平線付近はかなり赤く染まってきました。雲ひとつありません。今日は暑くなりそうです。 秋はすぐそこというのに。
[PR]
コニカミノルタプラネタリウムのHPによると世界には約2700館のプラネタリウム施設があり、そのうち約400館が日本にあるそうです。最多はアメリカの約1500館です。ヨーロッパは全域で約500館、アジアは日本を除く全域で約300館となっています。

南米やオーストラリアや中東、アフリカにもプラネタリウム館はありますが、上記の館数のどこにこれらが含まれているかはわかりません。

全世界の施設の半数以上を占めるアメリカには圧倒されますが、国土の広さや人口を考えると日本の多さも驚きものです。

このプラネタリウムの設置数については本日の「全国プラネタリウムガイド」にも載っていて、こちらは国別の数が具体的に書かれています。

1位はアメリカの1438館、2位が日本の391館、以下、中華人民共和国の327館、フランス166館、イタリア146館と続いています。合計で世界には3639のプラネタリウム施設があるそうです。

本書は日本国内391館のうち、212館が記事・写真・地図付きでドーム直径とドーム・スクリーンの型式/座席数と設置形式/プラネタリウム機種/開館時間/休館日/料金 等の詳細を記して紹介され、44館が館名/住所/メーカー機種名/ドーム直径/座席数/電話番号/非公開の有無などの記載で紹介されています。合計256館です。
d0163575_14403045.jpg

プラネタリウム館の紹介記事は、各館の職員の方の執筆によるもので、それぞれ短文ながら自館の魅力・特徴をピンポイントに示していて読みやすい文章になっています。

また、執筆者の個性も文章に現れているようで、単調になりがちな紹介記事に活力が与えられ、各館執筆という編集方針が成功しているように感じられます。

プラネタリウム館といえば半球形で銀色に輝くドームを思い浮かべ、実際その形状の外観を持つ施設が多いのですが、なかにはユニークな建物もあります。

秋田ふるさと村の「かまくら形」のプラネタリウムとか、埼玉県の「加須未来館」、岐阜県の「西美濃プラネタリウム」、京都府の「エル・マールまいづる」、愛媛県の「久万高原天体観測館」、等々、ほかにもたくさんあります。これらのプラネタリウムを一度訪れたら、その形状とともに忘れることのできない楽しい一日になることでしょう。

また、建物外観の写真ではなくプラネタリウム機材そのものを紹介文に添えている館も多くあり、さまざまな種類のプラネタリウムを眼にすることが出来ます。

さらに、各館紹介記事のほかにプラネタリウムにまつわるコラム記事も充実していて、実際に足を運ぶことができなくてもこの1冊で充分にプラネタリウムを楽しむことが出来ると思います。
d0163575_14411676.jpg

各館のキャラクター紹介 ↑

さて、もう1冊のプラネタリウムガイドの本、こちらは案内本というよりは、各館情報の収集用というか内部資料的な1冊です。

アンケート用紙を各館に配り、回収後それをそのまま印刷・製本したもので、機種名/人員/業務内容等が坦々と記されているだけですが、機種名などを含めて今となっては貴重な資料集となっています。発行は1977年です。
d0163575_14415382.jpg

掲載館数は全国63施設、このうち「全国プラネタリウム連絡協議会加盟館」は24館のみで、この数はちょっと意外な感じ。理由はわかりませんが載っていないプラネタリウムもありますので、掲載の63施設が全国すべてのプラネタリウムではないようです。なかには回収できなかったアンケート用紙もあったかもわかりません。

記載内容は、名称/住所/館長名/メーカー機種名/ドーム径/開館年月日/職員数とその内わけ(解説者・技術・業務)/過去3年間の年間利用者数とその内わけ(小学・中学・一般)/1日の投影回数とその時間/解説方法/年間の主な行事/等々です。レコードコンサートの有無や友の会、同好会の有無を記入する欄もあります。
d0163575_14422171.jpg

市立名古屋科学館と大津市立科学館のページ ↑
d0163575_14424444.jpg

戸田市こどもの国(左側ページ)と八千代市少年自然の家(右側ページ) ↑ 戸田市こどもの国の使用機材はミノルタMS-10型/昭和48年開館 八千代市少年自然の家はミノルタMS-15型/昭和49年開館

画像では読みにくいと思いますが、附属の投影機(太陽系投影機、オーロラ投影機など)がびっしり細かく書き込まれています。

掲載63館の開館年を見てみると次のとおりです。

昭和12年 1館/昭和34年 1館/昭和35年 1館/昭和36年 0館/昭和37年 3館/昭和38年 5館/昭和39年 2館/昭和40年 0館/昭和41年 2館/昭和42年 2館/昭和43年 1館

昭和44年 4館/昭和45年 3館/昭和46年 6館/昭和47年 4館/昭和48年 6館/昭和49年 2館/昭和50年 0館/昭和51年 1館となり、合計63館にならないのは、開館日の欄に「休館日以外」とか「313日」とか「月・水・金」と書いている施設があるためです。

したがって年別の開館数を出してもたいして意味はありませんが、昭和44年~48年の開館数が目立つのは、オイルショック以前の景気となんだか関係がありそうですね。

昭和12年の1館というのはもちろん「大阪市立電気科学館」です。

ちなみにメーカーの内わけは「五藤光学」「カールツアイス」「ミノルタ」「金子式」「興和」「西村製作所」で、ミノルタMS-10型が目立ちます。五藤はS型・M型・GX型とさまざまです。

この「日本のプラネタリウム一覧」は利用者の数や入場料や年間行事名などが具体的に書かれていますので、細かく見ていけば良いデータ集になり、また面白い「読み物」ともなりそうです。

「全国プラネタリウムガイド」
日本プラネタリウム協議会監修
恒星社厚生閣編集部編
2015年6月5日 初版発行
18.5×26センチ/157ページ/定価2300円+税

「日本のプラネタリウム一覧」
全国プラネタリウム連絡協議会
1977年4月 発行
18×25.5センチ/64ページ/非売品
[PR]