<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ハナニラは南アメリカ原産で日本には明治の中頃に観賞用として渡来。

繁殖力は強く、我が家では施肥などの手入れをしたことはありませんが、毎年密集して花をつけ、年々その領域を広げている様子。

ハナニラの葉や茎を指先で潰してみると、なるほどその和名の由来のとおりニラ(韮)によく似た匂いがします。葉の形状もニラに似ていますのでちょっと見は食べられそうですが「ハナニラ」の葉や球根には毒があって食べることはできません。
d0163575_942156.jpg

食用のニラに対して花を観賞するニラというわけです。しかし、まぎらわしいことに食べられる「ハナニラ」があります。

食用のニラのとう(薹)が立って花がついている状態も「ハナニラ」と呼ばれていて、こちらのほうは甘みがあってけっこう美味な食材となっています。(食べごろは蕾のときです)

食用ハナニラと非食用ハナニラの見分け方は簡単、開花時期が違いますし、花の形も全く異なっています。有毒のハナニラは3~4月が開花期で食用ハナニラは6~9月頃です。

ハナニラの英名は「スプリング・スターフラワー」。花の形から星を連想しての命名でしょうが、実際、遠目で見るハナニラの群集地帯は夏の天の川、特に白鳥座あたりの太く枝分かれした銀河の一隅を想起させてくれます。

花の色はもともとは白ですが改良されて黄色やピンク、ブルーなどがあり、なかでも薄いブルーの品種はスターフラワーの名前にふさわしく、たちどころに「青い星」「青星」の言葉と連結します。「青星」は冬の季語、大犬座のアルファ星「シリウス」の別名です。
d0163575_9432071.jpg

ハナニラは通常6枚の花びらですが、7枚や8枚のハナニラもよく目にします。
d0163575_9441259.jpg

逆に5枚や4枚の花びらのハナニラもありますが数は少なくちょっと珍しいのでは。
左側の花びらにはブルーのすじが2本入っていますので、本来ならばこの花びらは二つに分かれるはずだったのでは・・・。 ↓
d0163575_18251345.jpg

以下は「青星」ではなく「青太陽」の話。付け足しのようですが・・・。

1950年9月29日付けのル・モンド紙に載った記事、『26日、スコットランドでは太陽はサファイアのような青色に見えた。27日にはデンマークやフランス、ポルトガルでも同じ現象が観察された』    ・・・サファイア色の星ならともかく、青い太陽とは !!

アメリカ気象局のウェクスラー博士によると9月17日にカナダ北西部で起きた山火事の煙が原因とのこと。山火事は10日間続き、煙は1万5000フィートまで上昇、気流に乗って大西洋を渡り、ヨーロッパの空を褐色で覆い、青い太陽を出現させたそうだ。原因はわかったがなぜブルーになったかは不明。瑞穂れい子著「ブルーの本/同文書院」に載っていた話。
[PR]
行橋市の南西部、カルスト台地平尾台の麓に近いところの「下崎・長尾・鳥井原」地区は菜の花の栽培が盛んです。

ちょうど今が見ごろ。毎年4月の第一日曜日に地元の営農組合主催で「菜の花祭り」が開催されます。今年(平成25年)は4月7日(日)の朝10時からで、特産となっている菜種油を使った料理の紹介や各種イベントが用意されています。
d0163575_1723197.jpg

ところで、「菜の花」は我々が子供のころは「アブラナ」と呼んでいました。もちろん今でも「アブラナ」は使いますが、最近の子供たちの中には「アブラナ」では通用しない時があります。「菜の花」から食用油を採るということを知らない子もいるようです。

・・・で、昭和11年発行の『尋常小学理科教材の基礎的研究(大島鎮治・田草川春重著/モナス社)』という理科教師向けの植物の本を見ていたら「あぶらなの花と実」を教授するときの留意点のところに「種子の用途」の項目が掲げられ、『種子から搾った油を種油といひ、食用工業用・燈用とする。種油から更に白絞油を製する。

而してこれ等の主成分は、ステアリンやプラシヂンである云々・・・食用及び滅摩剤として用ひられてゐるから、其生産額も年年一千万円内外に達し本邦植物性油中の第一位を占めてゐる云々・・』と結構詳しく書かれて「菜種油」を強調している箇所が眼に入りました。

「菜の花→菜種油」というのは言わば当たり前のことなのですが、現在では菜の花と言えば菜種油、という具合には連想しない場合もあるようで、これは菜の花畑や菜の花が結実したところなどを見たことがない子どもたちが増えているということなのでしょう。(・・・と思う。)

また、同書には『あぶらなの果実は、単果で乾燥果に属し、乾燥果中の裂果で、更に其の中の角果である。角果を短角と長角に分ち、あぶらなは長角に属する。』ともありました。

つまり植物の実は単果と復果に分けられ、単果は乾燥果と多肉果に分けられ、乾燥果は裂果と閉果に分けられ、さらに裂果は莢果(えんどう等)・角果(あぶらな等)・朔果(あやめ等)・骨突果(牡丹等)に分けられる、ということのようです。

この本は「教材各論」の章で、さくら・つばき・あぶらな・つつじ・たんぽぽ・そらまめ・栗・稲・柿など36の植物を挙げてそれぞれの植物の葉・茎・根・花・果実のどの部分を観察して何を教えるかが書かれていて、各植物名の横に「尋四」とか「尋六」とか書かれています。「あぶらな」の項目は「尋四」となっていますので「尋常小学校四年生」で「あぶらな」を取り上げたものと思います。

「尋四」で乾燥果がどうの裂果がどうした、というややこしいことを教えたのかとちょっと驚きましたが、これは「教師はこのようなことを念頭にして教授せよ」とのことらしく、実際の観察ポイントは花の構造・花と虫の関係・実の形態・種子の用途等のようです。

「あぶらなの果実の形態」のところには、「胎座」という言葉も出てきます。「胎座」は「縁辺胎座」「側膜胎座」「中軸胎座」「特立中央胎座」に分けられ云々とありますが、要は種の付く位置のことで、「あぶらな」は下図の左から2番目の「側膜胎座」(複雌しべから成り、胚珠が単室子房の側壁につく)です。
d0163575_16581525.jpg

胎座も「一応、こういうことも念頭に置いておけ」ということのようです。

菜の花に春行く水の光かな 召波

菜の花といふ平凡を愛しけり 風生
[PR]
東日本大震災以後、芦屋基地を仮の拠点として芦屋基地周辺と築城基地周辺で訓練を行ってきたブルーインパルスですが、いよいよこの3月を持って本来の拠点である松島基地へ戻ることになりました。
d0163575_2014743.jpg

週に3~4回、遠目ながらも我が家から見るブルーインバルスの訓練風景もこれが見納めかも・・・。

3月25日(月曜日)は芦屋基地を解放して「ブルーインパルスお別れフライト」があります。
d0163575_2023372.jpg

仕事の都合で芦屋まで見に行くことはできませんが、恒例の秋の築城基地航空祭でまた会うことができるでしょう。

朝の訓練時はいつも逆光、しかしこの2年あまり充分に楽しませていただきました。
[PR]
裏入口から入ってすぐ正面は2階へ上がる階段です。階段手前の最初の教室に入ると映画関係書籍をはじめとして、写真関係・民俗学・社会史・風俗史・歴史・小説等々、夥しい蔵書の数々です。
d0163575_15395221.jpg

収容点数をお尋ねすると「はっきりとは分からないが約3万点」とのこと。隣の教室に収めているSPレコードはさらに多い様子で「とにかく数万点」です。
d0163575_15494086.jpg

映像記録作家・田村悟史氏が資料として収集したもので、書籍類はもちろんのこと、戦前・戦後の各種週刊誌や明治以来の大衆文芸誌、近年のスイング・ジャーナルなどの音楽誌、その他貴重な資料となる月刊誌類、さらには何冊もの新聞切り抜きスクラップ帳が広い教室内に静かに佇み、そして出番を待っています。画像は「暮しの手帖 創刊号」。
d0163575_15405794.jpg

SPレコード類と古い蓄音機が置かれた教室。画像手前のピアノは壊れた状態で音楽教室に打ち捨てられていたものだそうで、現在は調律済みで使用可能とのこと。
d0163575_15421668.jpg

圧倒的物量にもかかわらず狭さや息苦しさを感じさせないのは、テーブルや椅子や書棚のレイアウトの巧みさによるものでしょうが、実際に通常の教室よりも少し広いように思われます。
d0163575_15432876.jpg

・・・というのも、建物内部に廊下がなく、教室間移動は教室の前後に設けられた引き戸か外の犬走りを使用するようになっているため、その分だけ広い教室を作ることができたようです。取り壊されずに残された校舎部分は「理科準備室」や「音楽教室」だった由。

美味しい手作り柚子ケーキとコーヒーを頂いて次は2階へ。
d0163575_15512290.jpg

一階から二階の教室へ続く階段の踊り場にて撮影  画面右側の階段を昇って行くと突き当りにガラスケースが置かれていて、
d0163575_15443784.jpg

その中には割れて使えなくなったレコードのレーベル部分がコレクションされていました。
d0163575_15465621.jpg

「手仕事舎」は宝珠山小劇場と称するさまざまなイベントを催してきました。

なかでも「映画作品を観る日」と「SPレコード研究会」は不定期ながらもどちらか一つは毎月催されていました。それも今月で終了です。最後の「SPレコード研究会」は「総括」と銘うって2013年3月31日(日)におこなわれます。
d0163575_15481668.jpg

[PR]
平成25年3月末日を持って一般公開を終了する、と聞きおよび、前々から是非とも訪ねてみたいと思っていたものの機会を得ることができずにいた「手仕事舎」へようやく行ってきました。

「手仕事舎」は、廃校となった校舎(宝珠山中学校)の教室を当時の雰囲気そのままに残して仕事場・蔵書収容庫としているとのことで、場所はJR日田彦山線「大行事駅」のすぐ近くと教えられ、目指すは大行事駅。

・・・で、はやる気持ちを抑えつつ、まずは大行事駅の隣駅「筑前岩屋駅」に立ち寄ってみました。
ここは環境省が2008年に「平成の名水百選」に選出した「岩屋湧水」が駅舎近くまで引かれている、とのことで駅舎見学も含めて今回の小旅の目的のひとつ。
d0163575_0382490.jpg

筑前岩屋駅にて ホームへ進入する小倉方面行きキハ147の2両編成
d0163575_2021533.jpg

ホームを離れ「釈迦岳隧道」へ向かうキハ147 釈迦岳トンネルは全長4380メートル、工事着工は昭和12年ですが、戦争の激化により昭和16年8月に工事中止。

その後、昭和27年に工事が再開されたものの昭和28年3月19日に落盤事故が発生、21人の犠牲者を出しています。トンネルの貫通は昭和30年で翌年完成です。

柔らかな春の日差しのなかで名水と駅舎とキハ147を堪能し、
d0163575_20454110.jpg

途中、めがね橋と呼ばれている三つのコンクリート製多連アーチ橋を見学しつつ大行事駅へ。
d0163575_0394489.jpg
d0163575_0411330.jpg

駅舎はごく普通のたたずまいの無人駅ですが、ちょっと変わっているのは改札口を出てかなりの段数の階段を昇った小高いところにホームがあること。ホームに立って眼をすぐ下にやるとそこには「手仕事舎」の校舎があって、これにはまたビックリ。
d0163575_042559.jpg


さていよいよ「手仕事舎」です。
旧校舎時代はここが出入り口だったのでしょう。階段を降りた先には運動場が広がっています。脇の案内板には「入口は、左の階段をあがってウラへおまわりください」とあります。
d0163575_0432281.jpg


つづきます。
[PR]
本日、午前中、日本海側の低気圧が勢力を強めながら北東に進んだ影響により、低気圧に流れ込む南からの風が強まり、福岡市では瞬間最大風速15.8メートルを記録。

気象庁は、九州北部、中国、四国、関東地方で春一番が吹いた、と発表。九州北部の春一番は例年より16日早いとのこと。

春一番は立春から春分の間に最初に吹くおよそ風速8メートル以上の暖かい南風を言いますが、この定義は各地域により微妙に異なっています。

北部九州では「立春から春分の間に、日本海に低気圧があり、前日より気温が高く、南よりの風が7m/s以上」が春一番の条件のようです。

春一番は突風を伴い、時として暴風雨並みの被害を与えることもあり、とくに漁師のあいだでは古くから恐れられていた強風ですが、最近では春の到来を知らせてくれる風物詩のような感じで扱うテレビ番組もあるようで、これは予報がある程度できるようになったことによるものなのか、昔に比べて災害に強くなったのか、あるいはキャンディーズの「春一番」の前向きなイメージによるものなのか・・・。


・・・で、もうすぐ「ひな祭り」。
みやこ町勝山の産直場「採れたて市場」に飾られた「野菜のお雛さま」です。
d0163575_15181275.jpg

カブ、みかん、豆、大根の葉、胡椒、等々、何種類の野菜・果物を使っているか、現地で是非ごらんください。
[PR]