<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

市立名古屋科学館は名古屋市制70周年の記念事業の一環として計画されたものです。

工事は一期と二期に分かれ、第一期工事はプラネタリウムを中心とした「天文館」の建設で昭和35年12月に着工され、翌37年10月に竣工されました。開館日はこの年11月3日の文化の日となっています。

続く第二期工事は、地下2階・地上9階・塔屋3階の本館工事で、完成は昭和39年10月、開館日は11月1日です。

下の画像は第一期工事完了後に作られた案内パンフレットで、発行は昭和38年1月です。
d0163575_6562821.jpg

本文1ページ目は原子力展示室のマジックハンドの実演に見入る子供たちの写真、2ページ目に科学館の概要(建築面積・電気設備・空調設備等)が記され、次のページに科学館全景の写真が掲載されています。

4・5ページは「1階原子力展示室」の展示品写真と展示品一覧表で、その一部を書き出すと、CP-5型原子炉/コールダーホール型原子炉/増殖型原子炉/沸騰水型原子力発電所模型/アイソトープとは何か/ベーター、ガンマー線実験装置/原子力利用と諸産業、等々です。

6・7ページは「2階宇宙天文展示室」の展示品写真と展示品一覧表で、天球儀/ロケットの原理/各種人工衛星(8組)/月の世界/ラッセル図表/パロマ天文台及び200吋望遠鏡/銀河系と島宇宙、等々25種類の展示品名称が記載されています。1階・2階ともに展示品作製は「中部科学技術センター(日本科学技術振興財団の中部地方本部)」です。

8・9ページは「3階プラネタリウム」の説明で、カール・ツァイス社製であることや購入費が6千5百万円掛かったこと、解説及びバック音楽用のスピーカーを周囲に10本、中央に4本配置していること、天井のアルミニューム板に特殊塗装してスクリーンにしていること、等等々が書かれています。
d0163575_6592163.jpg

10ページは設置された「ツァイスⅣ型投影機」の各部名称と機能説明に当てられ、11ページにはシーロスタットの光路図が掲載されています。
d0163575_703428.jpg

12・13ページは各階詳細平面図、14ページの最終ページは開館時間や観覧料などの案内と第二期工事の概要が記されています。

名古屋科学館のツァイスⅣ型は昭和37年11月3日のプラネタリウム開館以来、平成22年8月31日まで現役稼働していました。

下の画像は、「日本のプラネタリウム一覧/全国プラネタリウム連絡協議会発行(1977年)」に掲載された市立名古屋科学館プラネタリウムの活動状況等です。
d0163575_732771.jpg

右上端の館長名「佐藤知雄氏」は東北帝国大学教授や名古屋工業大学学長などを歴任した金属工学者で、名古屋市科学館館長には昭和47年に就任しています。
d0163575_742588.jpg
d0163575_751147.jpg

次は二期工事終了後に作られた案内パンフレットです。
d0163575_6574633.jpg

1ページ目は「科学館のシンボル『創造』のオブジェ」のイラスト、2ページ目に科学館の概要、3ページ目科学館全景写真となっています。
d0163575_713950.jpg

下の画像は「1階 最新の科学技術」の説明ページで、展示品写真は上から「電子顕微鏡」「宇宙通信のしくみ」「ジェットエンジン」です。
d0163575_722972.jpg

4ページから13ページまでは本館各階の展示品写真と展示品一覧と説明、14・15ページに「天文館(2階宇宙天文/3階プラネタリウム)」の説明、15ページにプラネタリウム開演時間・観覧料・休館日などの案内が載っています。裏表紙の裏の最終ページは全館案内となっています。

展示品名は省いて各階の名称のみ下に記します。
天文館-地下2階 機械室
    地下1階 中部科学技術センター/会議室/食堂
    1階   事務室/小ホール
    2階   宇宙天文
    3階   プラネタリウム/シーロスタット
本館-地下2階  倉庫
   地下1階  楽しい実験室/図書室/物理化学実験室/会議室
    1階   最新の科学技術
    2階   家庭の科学
    3階   交通の科学
    4階   化学と熱
    5階   力と機械
    6階   光と音
    7階   放送と通信
    8階   電力と原子力
    9階   気象と防災
  塔屋1階   休憩室/売店
  塔屋2階   展望室
  塔屋3階   機械室
  屋上    望遠鏡ドーム

-------------------------------------------------

市立名古屋科学館 案内パンフレット(第一期工事後)
昭和38年1月20日発行
市立名古屋科学館編集
弘益印刷株式会社印刷
20.5×18.5cm/16ページ

市立名古屋科学館 案内パンフレット(第二期工事後)
昭和39年12月10日発行
市立名古屋科学館編集
21×19cm/17ページ
[PR]
標準星図や全天恒星図でおなじみの中野繁氏から某観測家へ送られた葉書。
中津郵便局の消印日付は昭和34年7月15日です。
d0163575_20383152.jpg

この年の7月、中野氏は自身2冊目となる星図「全天恒星図/1950年分点」を廣瀬秀雄氏との共著で発刊しています。葉書の通信面には、この「全天恒星図」の校正漏れの箇所が記されていて、その訂正をうながしています。
d0163575_20395021.jpg

この葉書に先立って中野氏は某氏へ署名入りで「全天恒星図」を贈っています。署名の横に三四、七、五と書かれていることから、「全天恒星図」の初版発行日(昭和34年7月7日)の二日前に書かれたことがわかります。
d0163575_20405323.jpg

・・・で、下の画像はこの葉書を受け取った某氏が訂正した箇所の一部です。訂正箇所は13箇所に及び、さらに「他にありましたら御知らせ下さい。」と葉書に書かれています。
d0163575_20413550.jpg

また、この星図をアメリカの「ウェッブ氏」へ贈りたいのでご紹介頂けませんか、とも書かれています。「ウェッブ氏」ってどなた?

全76ページのうち、17ページから71ページまでが星図で、こぐま、りゅう、カシオペア、ケフェウスの図1から、はちぶんぎ、きょしちょう、レチクル、かじきの図14まで全部で14の図に分けられ、それぞれの図の初めに「おもな観望のリスト」を掲げて、双眼鏡や小口径の望遠鏡でも充分に楽しむことができる星雲・星団、重星、変光星の位置・見つけ方、見え方を記しています。
d0163575_20431024.jpg

これらの観測方法については「天体観測の要点」という章が設けられていて、流星・太陽・月面・惑星面・彗星などとともにそれぞれ短文ながら要領よくまとめられて掲載されています。
d0163575_2044128.jpg

また、「天体望遠鏡のえらび方と使い方」や「日本のおもな天文台」のリスト、「日本の星の会」のリスト、参考書としての天文関係図書のリストなども掲載されていて、さらに深く星々や宇宙を知りたい人たちの利便性を考慮した編集内容となっています。以下、目次を転記します。

まえがき 廣瀬秀雄
星図の使い方
解説
天体観測の要点
天体望遠鏡のえらび方と使い方
ギリシャ文字の読み方
星座一覧表
星座の南中順
おもな星の固有名
月面の地形
日本のおもな天文台
日本の星の会
参考書
図1~図14(最微星6等星)
月面図
表紙裏 星図さくいん
見開き 北天の見出し星図
裏表紙の裏 星座の南中順さくいん
奥付の裏 南天の見出し星図

------------------------------------
全天恒星図 1950年分点
昭和34年7月7日 第1版第1刷発行
著者 廣瀬秀雄 中野繁
発行者 小川誠一郎
発行所 株式会社誠文堂新光社
印刷 三友印刷KK
製本 関山製本社
30×21.5cm/76ページ/函入り
定価650円
[PR]
かなりマニアックな機体を取り上げた初日カバーですが、描かれているTR-1A型ロケットは、国際宇宙ステーションで行う各種実験に必要な技術を開発・習得することを目的にしてNASDA(宇宙開発事業団)が打ち上げたロケットで、「微少重力実験用小型ロケット」と呼ばれるものです。7号機まで発射され、各種実験データ収集に貢献しています。

材料実験用ロケットは、1980年代初頭にTT-500A型ロケットというのがありましたが、TT-500A型がペイロード100㎏に対し、TR-1A型は750㎏と大幅に打ち上げ能力を向上させています。また、機体の中央部に姿勢制御を行う動翼を付けることによってペイロード(実験機器)の落下地域を狭めることができ、回収作業がより迅速に行われるようになりました。

TR-1A型は単段式の固体燃料ロケットで全長13.44m、最大直径1.13m、ペイロード部の2段目全長5.37m(このうち実験機器搭載部は2.4m)、直径0.85m、全備重量10.26トン、到達高度約270kmです。

ロケットが慣性飛行に入り放物線を描くあいだ、約6分間の無重力環境を得ることができ、この間に多目的均熱炉などを用いた金属溶融・凝固実験や動植物の細胞培養実験等を行います。
d0163575_195678.jpg

機体中央部に設けられた姿勢制御を行う動翼から上がペイロード部分。ここに各種実験装置を搭載します。

TR-1A型の初号機打ち上げは1991(平成3)年9月16日、初日カバーに描かれている2号機は1992(平成4)年8月20日の打ち上げです。

以後、1年に1機打ち上げられ、1998(平成10)年11月19日の7号機で終了しています。(平成6年は打ち上げ無し/1号機から3号機までは実験技術の開発・確立、4号機以降は宇宙環境を利用した各種実験の促進です。)

TR-1A型ロケットは種子島宇宙センターの小型ロケット発射場である「竹崎射点」から打ち上げられています。初日カバーのイラストに「たけさき」と入っているのはそのためで、「たけさき」はTR-1A型ロケットの愛称でもあったようです。

種子島宇宙センターの射場は、ほかにも大型ロケット用の大崎射場があり、ここには大崎射点、吉信第一
射点 、吉信第二射点があります。カバーの記念印は大崎射場から発射される「N-Ⅱ型」のようです。


TR-1A型は推進系の製造を日産自動車宇宙航空事業部が担当し、実験機器部の製造を石川島播磨重工業航空宇宙事業部が担当しました。

しかし、この2社だけで製造したのではなく、各種部品製作や組み立てなどに数多くのメーカーが関わっており、当時の我が国の技術力の総合がカタチとして現れたもの、といって良いと思います。
[PR]
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
    
           いるか書房店主敬白

d0163575_7494194.jpg


オリオン座、大犬座と冬の銀河

THE MIDNIGHT SKY AT LONDON、 LOOKING SAUTH/1月15日夜10時、ロンドンの星空

THE MIDNIGHT SKY
FAMILIAR NOTES ON THE STARS AND PLANETS/NEW AND REVISED EDTION 1879/91ページより

Looking south over the Royal Naval College at Greenwich、 with the Royal Observatory in the background.
[PR]