<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

待ちに待った金環日食、各地で素晴らしい天体ショーを繰り広げたようですね。
・・・が、しかし、当地では無情のくもり空。さらには小粒の雨まで落ちてくるアリサマ。

それでも最大食(当地では金環ならず/最大で0.916)を迎える数分前には弱々しい光ながらも僅かなあいだ、日食を見ることが出来ました。
d0163575_14174.jpg

平成24年5月21日7時22分撮影・食分0.903/この4分後、7時25分54秒に最大食に達したハズ。太陽を見ることができたのは22~25分までの3分間のみ。しかもこの頼りなさ。

このあと雲はいっこうに薄くなる気配はなく、8時46分37秒に食は終わった(ハズ)。残念!
大事なときはいつもこうなんですよね。そして事後、決まって晴れる!

次のビッグイベント、6月6日の金星日面経過に期待を掛けます。・・・その前に6月4日の部分月食、早くも天候が気になります。
[PR]
大正2年12月30日に現代之科学社/裳華房より「誰にも必要な星の図」という解説ページ付き星図が発行されています。著者は当時東京天文台に在籍し、のちに海軍水路部に転籍した航海天文学・潮汐学者の小倉伸吉です。

「誰にも必要な星の図」は、明治44年(1911)に東京天文台を辞職した一戸直蔵が大正2年に創刊した科学雑誌「現代之科学」の第1巻第1号から12号までに掲載された星図がもとになっていて、出版するにあたって解説と図版が加わったもので、星図24図(24ページ)と解説22ページから成るA5判程度の書籍です。
d0163575_226551.jpg

本日の「改訂 星の図 全」は、「誰にも必要な星の図」に少しばかり補筆し、24星図のほかに北半球と南半球の星座を一緒の紙面に納めた図が1枚折り込まれた体裁の書籍で、基本的には「誰にも必要な星の図」と変わらぬ内容となっています。

「誰にも必要な星の図」及び「改訂 星の図」の解説は、星座についての解説ではなく、星座図の使い方と太陽・月・惑星・恒星・星雲星団の一般的解説、それに北極星の見つけ方を述べたものです。

文章に添えられた図版は全部で21図で、これは「誰にも必要な星の図」「改訂 星の図」ともに同じ数ですが、改訂版では月の写真や惑星のスケッチ等が少し入れ替わっています。また、星座名一覧表とギリシヤ文字の読み方一覧表が新たに加わり、いて座付近の銀河の写真がタイトルページのすぐ次に1枚収められています。
d0163575_2275496.jpg

北半球の図を一部拡大、 最微星は4等星
d0163575_2265897.jpg

星座図の端に「S.O.」のサインが入り、小倉伸吉が描いた図であることを示している

星座の西洋名と二十八宿名のほかに明るい星には「天津」「河鼓」「北落師門」などの中国名も添えられている

d0163575_229823.jpg

星図の判形が小さいこともあって、星と星の開き具合というか星座間の離れ具合が掴みにくいため、この星図を見ながら実際の星空のもとで星たちをたどって行くのは初心者には少し難しそう。

・・・が、地平線が描かれているのでこれをたよりにひとつずつ星を結んで行けば大体のイメージはわかるというもの、ですね。

改訂 星の図 全

大正二年十二月廿七日印刷
大正二年十二月三十日発行
大正十四年十月廿五日改訂七版発行
著者 小倉伸吉
発行者 合資会社大鐙閣代表者 榎本文雄
印刷者 上村新輔
印刷所 株式会社 博文館印刷所
発行所 東京神田今川小路 合資会社 大鐙閣
15×22.5cm/解説及び図版33ページ、星座図24ページ・24図/函付き/定価一円五十銭・送料十二銭

因みに下図にもS.Oguraのサインが入っている/「天文月報 大正9年6月号」の表紙より
d0163575_13515539.jpg

当時、小倉氏の作図による毎月の星座(当月の1日午後9時と16日午後8時の天空)が「天文月報」の表紙を飾っていた。

(いるか書房本館・宇宙・天文、追加しました。)
[PR]