<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

5円の国会議事堂のデザインの葉書は、「東京天文台岡山天体物理観測所 開所記念」と印刷されていますので、観測所が開所されたときの昭和35年(1960年)発行で間違いないのですが、それでは10円の葉書のほうはどうでしょう。
d0163575_20461839.jpg

はがきの料金は、昭和26年(1951)11月1日~昭和41年(1966)7月1日まで5円で、昭和41年(1966)7月1日~昭和47年(1972)2月1日まで7円。

そのあと値上げがあって昭和51(1976年)1月25日まで10円だったそうですので、昭和47年から昭和51年の間に印刷発行された葉書と考えるのが妥当と思えます。
d0163575_20472744.jpg

では、この間に天文台の写真を葉書に印刷して発行するような何かがあったのかと考えると、昭和50年が開所15周年だということに思い至ります。果たしてこの思いつきは当たっているのか。

それとも単なる岡山県あるいは観測所がある鴨方町をPRするための発行だったのか、乞うご教示、です。

蛇足ながら、5円葉書は「英国グラブ・パーソンズ社製188cm反射望遠鏡ドーム」、10円葉書は「日本光学製91cm反射望遠鏡ドーム」で、左奥のドームは188cm反射望遠鏡ドームです。


「岡山の天文気象」は、「岡山の天文」と「岡山の気象」の二部に分かれていて、天文編は岡山天体物理観測所の初代現地責任者(副所長)の石田五郎氏、気象編は岡山大学名誉教授気象学専攻の佐橋謙氏。
d0163575_20484628.jpg

「岡山の天文気象」の表紙、青空をバックにした188cm反射望遠鏡ドームの写真は石田五郎氏の撮影ですが、これにはちょっとしたエピソードがあり、気象編の佐橋謙氏の文章が「天文屋石田五郎さんを偲ぶ/同書刊行会発行」に載っています。

「・・・その本の表紙をどうするかという話になったとき、書名が『岡山の天文気象』なのだから、雲を背景にした鴨方の天文台のドームの写真がいいということになった。

石田先生は「写真なら私も好きだし、天文台の写真は何枚もあるから探しましょう。」と請け合われた。私はそのとき厚かましく注文を出した。

「同じ雲なら、もっとも雲らしいもくもくと湧き上がる入道雲がいい」と。

気の毒なことにただでさえ多忙な先生を、そのために大変な努力を傾注させてしまったらしい。つまり、先生の手持ちの写真の中には入道雲はなく、新しく撮らねばならないことになり、夜が専門の先生を昼間もいつも空を見上げなくてはならないようにしてしまったのである。」

結局、入道雲を背景にした天文台の写真は撮れず、石田氏は「これで我慢して貰えないか」と絹積雲の写った写真を佐橋氏に申し訳なさそうに差し出した、そうです。

もともとにして、昭和29年(1954年)の第19回国会において大口径望遠鏡購入の予算案が可決されたのち、望遠鏡設置の場所候補として「静岡県・粟ガ岳」「岡山県・遥照山」「長野県・杖突峠」が挙げられ、最終的に岡山県に決定されたことを思うと、この地が晴天率が高く、大気が透明でゆらぎが少なかったためであって、青空の広がるこの写真こそ、大いに納得できる出来栄えで、表紙に相応しい写真のように思われてなりません。

「天文編」の大部分は、岡山天体物理観測所の建設時の様子と完成後の観測状況、設置望遠鏡についての説明についやされていますが、同観測所以外の話題として、「倉敷天文台」「本田彗星」「岡山に落下した四つの隕石」「岡山県内の天文施設」の章が設けられています。

また、「気象編」は、「岡山の気候」として世界各地と日本各地の岡山県によく似た気候の土地を挙げ、岡山県の気候の特徴を解説し、続く「岡山の気象の監視体制」の章では、「岡山地方気象台」「津山測候所」「アメダス」「ロボット雨量計」「大気汚染の監視」「その他の気象観測施設」をそれぞれの歴史とともに観測状況を丁寧に述べています。

「岡山の特異な気象現象」と「岡山の気象災害」の二つの章は、岡山に在する著者と岡山の地元出版社ならではの章立てで、とても興味深い内容です。

このことは「天文編」も同様で、「本田彗星」や「岡山の隕石」「倉敷天文台」なども岡山をよく知る著者あっての著述ぶりとなっています。

岡山の天文気象/岡山文庫90
著者:石田五郎/佐橋謙
発行日:昭和55年6月1日 初版
発行所:日本文教出版株式会社
発行者:吉田研一
印刷所:平和写真印刷株式会社
10.5×15cm/173ページ/定価700円
[PR]
(星を釣る/堀口大学詩集より「夕ぐれの時はよい時」)

夕ぐれ時はよい時 かぎりなくやさしいひと時。

それは季節にかかはらぬ、冬ならば煖爐のかたはら、夏ならば大樹の木かげ、
それはいつも神秘に満ち、それはいつも人の心を誘ふ、それは人の心が、ときに、しばしば 静寂を愛することを、知ってゐるもののやうに、小声にかたる・・・

d0163575_21413085.jpg

平成24年1月26日・18時11分/薄明残る西空の月と金星

(星を釣る/堀口大学詩集より「星を釣る」)
暗い沼に綸(いと)をたれて 星を釣る 星を粉(こ)にしてのめば いい詩が出来る
d0163575_21421072.jpg

平成24年1月26日・18時26分/日が沈む頃から雪雲は消え、西の空には月と星

(星を釣る/堀口大学詩集より「椰子の木」)
夕星 西天に 銀青の振香爐をゆれば 大なる黒十字架と身をなして 彼等は祈る。
風は梵鐘の余韻を傳へ 潮音は果のない経を読む。
d0163575_21431687.jpg

平成24年1月26日・19時50分/沈みゆく月と金星、山の端と空の境がつかないほどの暗さとなった。
[PR]
本日、Sky&Telescopeを取り上げたのは別段わけがあってのことではありません。
たまたま眼にしたところに「Hiroshima」の文字があって、ページをめくると広島市のプラネタリウムが載っていたので何だか嬉しくなって・・、という次第です。
d0163575_20464926.jpg

表紙は「広島市こども文化科学館」のプラネタリウムの内部、中央に写っている投影機は光学式のプラネタリウム「ミノルタMS-20 AT」で、国内3台設置されたうちのひとつ。手前はコントロールボックスです。

広島市こども文化科学館の開館は昭和55年(1980年)5月1日で最初のMS-20設置館です。そして、翌年(1981年)3月に神戸ポートピア博覧会が開催された折り、パビリオン(神戸プラネタリウムシアター)に設置されたMS-20が国内2台目。

この博覧会のプラネタリウムは神戸市初のプラネタリウムで、博覧会終了後は神戸市に寄贈されて「神戸市立プラネタリウム館」となり、その後「神戸市立青少年科学館プラネタリウム」と改称され、平成15年(2003年)12月27日まで現役活躍、平成16年(2004年)4月に「五藤GSS-KOBE」と置換されています。
d0163575_20473456.jpg

広島市こども文化科学館/ミノルタMS-20AT/ドーム直径20m/定員345名/最微光度6.9等、約14000個/補助投影器100個以上/手動操作とプログラムカードによる全自動に切り替え可能。

MS-20国内3台目は、昭和61年(1986年)6月にオープンした富山県黒部市吉田科学館です。プラネタリウムドームの直径は20メートルで、広島市こども文化科学館や神戸市立青少年科学館と同じですが、座席数はかなり少なく、広島の345席に対してこちらは240席。理由はわかりません。イスや通路がゆったりしてるのかな?
d0163575_20481615.jpg

At right a terrestrial star, actress Mariko Shiragai holdos an MS-20 star plate Photo by the author

下の写真のマイクを握った人物は、米国アリゾナ大学月惑星研究所のトム・ゲーレルス博士。

宇宙探査機パイオニア10号や11号による観測、パロマー天文台での小惑星観測や新彗星発見などでよく知られた方と思いますが、昭和55年に来日された際、「広島市こども文化科学館」で講演を行ったときのもの。

(同氏来日時の様子は「天界1980年9月号」に広島市こども文化科学館の佐藤健氏の文章で詳しく載っています。Sky&Telescopeの記事も佐藤健氏の執筆)

アリゾナ大学付属のフランドロウ・プラネタリウムも広島市こども文化科学館と同じ投影機「ミノルタMS-20 AT」だそうです。(現在も同機種かは不明です)
[PR]
反射望遠鏡の筒先から鏡面を覗き込む、というかなり大胆な構図の表紙が眼を引きます。

その表紙の最上部に「天文ライブラリー6」とあり、その下に「第2版」とあります。
奥付は「第2版」ではなく、「新版」となっていますが、これは同じ題名の本が同じ著者から同じ出版社によって昭和41年に出されていることによります。

しかし、昭和41年発行の「反射望遠鏡の作り方」は総数217ページに対し、「第2版」は369ページと大幅に紙数が増えていることからも想像できるように、この昭和49年版は先に出された本の改訂版というよりは、「新著」というに相応しい内容となっています。
d0163575_9575743.jpg

表紙写真は、田坂一郎氏の「53cmフォークタイプ赤道儀」
マウンティングも鏡面もすべて自作。鏡材は、小原光学のE3使用、F6鏡。

「第2版」が刊行された当時の広告をそのまま一部を転記しますと、

『10数年来、好評読まれ続けられた同書名のものを、全面的に書き改めた新版。ひたすら製作法のみにしぼり詳述した。対象はアマチュアの初歩より、相当高級なものまで含め200数葉の写真、設計図にて解説。(後略)』。

[10数年来]と書かれているのは、昭和32年に同著者・同出版社より「望遠鏡の作り方(中学天文教室13)/212ページ/B6版」が出されていることを意識したのかもわかりません。
d0163575_9585941.jpg

小島信久氏の「31cmF5 自作ヨークタイプ赤道儀」/同架鏡は21cmF3.8鏡。右の望遠鏡は、藤田久男氏の「20cmF7 スプリングフィールドタイプ赤道儀」/鏡面製作は、木辺成麿氏。

本書の副題に「設計・鏡面研磨・マウンチング」とあるように記述をこの三つに大きく分け、豊富な作例写真と精密な図面を添えて各章を詳述しています。

また、大別した三つのほかに「研磨機とその使い方」の章も設けられ、ここも詳述していることなどは、「反射望遠鏡の作り方」が徹底して自作者の立場に立って書かれていることを伺わせている証左と言えます。
d0163575_9594418.jpg

第Ⅳ章より、「カセグレン主鏡セルと接眼部」

鏡面研磨・マウンチング製作の詳述ぶりもさることながら、第Ⅳ章の「反射鏡使用各種望遠鏡の設計と製作」も本書の充実さを印象づけています。

取り上げられている鏡系は、「カセグレン、ドール・キルハム、グレゴリー、シュミットカメラ、ライト・フェイセレ、マクストフ、ブラキタイプ」の7種で、いずれも光学構成図と光学設計式が付いています。

「反射望遠鏡の作り方/星野次郎」は、自作を計画している方のみならず、望遠鏡に興味をお持ちの方すべてに手にとって頂きたい1冊です。作例の望遠鏡と詳細な図面を見ているだけでも充実感を覚える名著といえるのではないでしょうか。

長い間絶版でしたが、2009年に復刻版が恒星社厚生閣より出されたこともうなづけます。
復刻版には新たに中野繁氏の「私と星野鏡」が加わり、他に鏡材メーカーなどのデータが収録されています。

新版 反射望遠鏡の作り方

昭和49年7月30日 初版発行
編者 星野次郎
発行者 志賀正路
発行所 恒星社厚生閣
印刷所 三省印刷・長塚印刷
製本所 誠光社製本印刷KK
15.5cm×21.5cm/369ページ/定価2500円
[PR]
一月七日(土)半晴

『昨夜ラヂオで柳田国男氏の「椿の話」を聞いた。非常に面白かった。今日は百科字典に由りカメリヤの項を読んだ。カメリヤの名はヒリピン群島に伝道せし天主教宣教師Camellusより出しと云ふ。

茶の樹はカメリヤ・テイフエラであつて椿の一種である。秋の桜なる山茶花は秋の椿である。椿の果はオレブ油に次ぐ優良なる油を生ず。
d0163575_1227272.jpg

美と実用とを兼ねたる有用植物である。東方亜細亜の産であつて其精華とも称すべき乎。其最も賞賛せらるゝ種類をCamellia Japonica(日本椿)と称するは殊に懐かしい。』
内村鑑三全集35/日記三(岩波書店) より

ヤブツバキは学名「Camellia japonica THUNBERG var. spontanea MAKINO」。

「THUNBERG」は、スウェーデンの植物学者ツンベリーのことで、「MAKINO」は牧野富太郎のこと、「Camellia」は、内村鑑三が記すように18世紀のイエズス会の助修士でフィリピンで伝道に従事し、この地でツバキの種を入手してヨーロッパに紹介したゲオルク・ジョセフ・カメルのこと。命名者は、かの「カール・フォン・リンネ」です。

「var」は変種を表しているそうですが、この場合、茶の木(学名:Camellia sinensis)が元でツバキはその変種ということなのでしょうか。

またはその逆で、「野生の」を意味する「spontanea」が付いているのでツバキが原種となるのでしょうか。あるいは、茶のことを言っているのではなく、「これはツバキの原種です」と言ってるのでしょうか。

さらに、内村鑑三は「茶の樹はカメリヤ・テイフエラ」と言っていますが、これは「カメリア・シネンシス」とは別のものなのでしょうか。「sinensis」は、「支那の」という意味のようですが、テイフエラの「テイ」はティー(茶)のこと? よくわからん。
d0163575_12274161.jpg

野生植物図説/養賢堂/昭和23年より[キンギョツバキ]葉先が金魚になっている。

・・・ところで、「野生植物図説/養賢堂/昭和23年」にツバキの若葉は茹でてお浸しや和え物で食することができる、とありましたので、それもそうだろうなあと思い、若葉が出るころに食べてみようと思っています。「茶の葉」の天麩羅などもありますので、多分美味しいと思います。(・・・かな?)

「あしびきの八峯(ヤツオ)の椿 つらつらに 見れども飽かめや 植えてける君」(万葉集より)
[PR]
大正末年から星の和名の採集・研究を始めた野尻抱影は、その成果を昭和11年に「日本の星」(研究社刊)として上梓。日本各地に古くから伝わる星の和名をその由来とともに記述し、日常生活に星が深く係わってきたきたことを指摘。

特に農山村や漁村・船乗りたちにとって季節や方角を知るための重要な存在であったことが示されました。
d0163575_16582121.jpg

「日本の星」昭和11年

「少国民 日本の星の本」では、「日本の星」に記載された星の和名を挙げつつ、その見つけ方、その星にまつわる民話・伝説を「星のをぢさん」が正雄と花子にお話しをするという形式を取っています。

1年を四つに区切って、4月から7月にかけて見やすい位置に来る星たちの話しを「第一学期」とし、8月と9月を「暑中休暇」、9月から12月を「第二学期」、1月、2月、3月を「第三学期」と名付けて章立てして、季節の話題を折り込みながら星と星座の勉強をするという筋書きになっています。

第一学期の4月は、「三つ星」「大星」「二つの星」「ひしゃく星(北斗七星)」「舟星」「そへ星」「北の一つ星(北極星)」の話。5月は、「大鎌の星」「ししの星」「帆かけ星」「真珠星」「麦星」という具合に全部で50余りの和名が挙げられています。

星と星座の話しをしながらさりげなく(やや強引な箇所もありますが)、星の等級や温度・距離などのことも書き加えています。・・・が、何といっても「少国民」は飽きやすいもの。

そこで、「山で見た星」を手紙の形で正雄くんに知らせるとか、たまたまおじさんのところに遊びにきていた元兵隊さんの植木屋の梅さんが外地で見た星の話しを正雄くんにする、とかいろいろ場面を工夫して書かれています。

「床屋で聞いた星」の章などは、こんなところで星の話しはせんだろう、と思いながらも次第に星の和名の面白さに引き込まれてしまいます。

変な名前だなあ、と思う半面その面白さに魅かれるのは、アラビアやアジアや太平洋の島々、あるいは世界各地に残るその土地固有の星名のユニークさと同様、日常の生活と関わりを持ったところから生まれてきた星の名前だからだろう、と思い至ります。

この時期、「正月の星」で挙げられているのは、「三つ星」「小三つ星」「酒ます星」「オリオンの星」「大星」「さき星」「五郎十郎星」。

「五郎十郎星」とは「曽我兄弟」のことで双子座のαとβを指しています。



(いるか書房本館の「宇宙・天文」、追加しました。)
[PR]
『松の内のある晩、正雄と花子と、それに勇も一しょに、星のをぢさんの家へよばれて行った。愛国百人一首や、すご六で楽しくあそんだ後、まだ惜しいけれど帰ることになった。
d0163575_17525756.jpg

をぢさんに送られて外に出ると、来る時ちらちら降ってゐた雪はとうに止んだが、往来も、そこらの屋根もうっすり白くなって、それだけに空は黒く見え、星の光はぎらぎら、すごいやうだった。

「をぢさん、三つ星がずゐぶん高くなりましたね。」正雄は、南の方の空を見上げていった。』
(少国民 日本の星の本/一月「正月の星」より)
d0163575_17572631.jpg

「トンビ」を着たをぢさんと正雄くんたち/絵:初山滋

『道は人家のあるところをはなれて、だんだん暗くなる。遠くで犬がさかんにほえてゐた。十分もあるくと、いつもぼくらのあそびに来る原に出た。くつの下がきしきしと鳴るのは、もう霜が下りてゐるのか知れない。
d0163575_17543014.jpg

空は一めんの星で、オリオンはもう西南へまはってゐたが、相かはらず、牛とたたかってゐた。二ひきのかり犬はそのあとについてゐて、大星のきらめきは、今夜はとくべつすごいやうだった。』
(少国民 日本の星の本/「黄道光」より)

少国民 日本の星の本
著者:野尻抱影
発行所:研究社
昭和十九年二月十日初版印刷
昭和十九年廿日初版発行/五千部印刷
発行者:小酒井五一郎
印刷者:平島正
印刷所:大日本印刷株式会社榎町工場
配給元:日本出版配給株式会社
出版会発行承認い330159号

表紙絵・挿絵/初山滋
星図・説明図/野尻抱影

15×21cm/205ページ/壱円九拾五銭
[PR]
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


d0163575_9431924.jpg

JAN HEVELIUS 「THE STAR ATLAS」1968年ロシア語版の表紙より「りゅう座」


d0163575_944780.jpg

おなじく「URANOGRAPHIA」より「りゅう座」
[PR]