<   2010年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「観光の岐阜 8枚組絵葉書」より「プラネタリウム遊園地」です。

遠くに雪を頂いた山々を眺め、眼下には人々のざわめきが聞こえてきそうな大きな市街地。街を見下ろす高台に位置するプラネタリウム風景は、現実世界から遊離されている感があります。

観覧車や飛行塔(子供たちを乗せてグルグル回るやつですよね。)などが併設されていたそうで、ここを訪れた皆さんは非日常体験を大いに楽しんだことでしょう。
d0163575_17443657.jpg

プラネタリウム開設は1958年(昭和33年)4月で1984年(昭和59年)まで開業していました。使用投影機はドイツ製カール・ツァイス・イエナZKP-1型で、世界中に257機も納入された名機です。日本にはそのうち2台が輸入されました。最初の1台はこの「プラネタリウム遊園地」、2台目は旭川市青少年科学館で1963年(昭和38年)のことです。

投影機を収めたドームの大きさや観客席の数などを調べるため、手元にある「日本プラネタリウム一覧」(全国プラネタリウム連絡協議会・1977年発行)を見ましたが「プラネタリウム遊園地」は載っていませんでした。

それで、同じZKP-1型使用の「旭川市青少年科学館」の昭和52年のデータを見るとドーム直径8メートルとありますので、ここも同じくらいではなかったかと思います。観客席は30席くらいでしょうか。もっとかな?

画像は絵葉書の風景面のみ掲載しましたが、同じ面の右側に2行にわたって説明文がありますので、そのまま書き写します。

「金華山南連峯の水道山に新設されたプラネタリウムは 日本唯一の東ドイツ・カール・ツアイス中型投影機を使用し、実際と少しも変らぬ美しい星空を現出する。」

敷地の右端に見える塔が「飛行塔」でしょうね。観覧車は写っていませんが、どこにあったのでしょう。そもそも、この遊園地は民間経営だったのでしょうか、岐阜市などの公的機関が運営していたのでしょうか。正式名称は「プラネタリウム遊園地」でいいんでしょうか。

知らないことだらけのプラネタリウムですが、この絵葉書、見れば見るほど、下界とは全く次元の異なる世界、一歩足を踏み入れると帰ることが出来ない未知の空間を映し出しているようで不気味でさえあります。階段を上っている人影三名、無事に現実世界に戻ることが出来たでしょうか。
[PR]
画像の右上の写真は、女満別小学校運動場と女満別飛行場との境に設けられた早乙女博士観測所の12インチ赤道義。その下の写真は日食前日、記者と会見中の早乙女博士とカリフォルニア工科大学のジョンソン博士。ジョンソン博士も女満別にて観測。
d0163575_20374361.jpg

左側の上の写真は、女満別から少し離れた日進村遠藤農場に設けられた東京天文台長関口鯉吉博士の観測所。東京天文台では、不測に備えて女満別以外に中頓別・訓子府・紋別・斜里にそれぞれ観測者を配置しました。左の人物は関口博士です。

その下は、主に皆既時の大気状態を観測するために用意された中央気象台の観測機。写真の説明によると、エンジンの故障のため、予定の観測ができなかった、とありますが、これはわが国で飛行機を用いた天体観測の最初ではないでしょうか。

上記の女満別飛行場はオホーツク海の流氷観測・気象観測を目的として中央気象台によって作られたもので、観測機の運用は日食の前年1935年からです。

所有機は2機あって、三菱製イスパノ・スイザ450馬力エンジンを搭載した機体と中島製ジュピター420馬力(空冷式星型9気筒)エンジン搭載機で、どちらも海軍の13式艦上攻撃機を改造した三菱航空機製T‐1.2観測機でした。

掲載写真はその2機のうちのどちらかと思いますが、わが国最初の天文観測飛行機となるとどちらの機体だったか知りたいところです。
(はっきりわが国最初の・・、と断言しているわけではありません。そこまで調べていません。)

機体番号は「AG」しか写っていませんが、その前は多分「F」ではないでしょうか。飛行機に詳しい方、どうぞ教えてください。

因みに機上で立ち上がっている人物は、中央気象台観測員の根岸錦蔵操縦士、座席でアイモ撮影機を手にしているのは、国枝技師とのことです。

下の画像は「日食実況放送」成功を祝す野尻抱影氏から小森幸正氏宛の電報です。
はがきに押されていた記念スタンプと同じものが祝電にも押されています。
d0163575_2038225.jpg

[PR]
表紙絵の作者は飯塚玲児で「富士山頂をかすめて飛ぶダグラス機」と題されています。
画像では分かりにくいと思いますが、機首のマークとプロペラのあいだに「富士」と書かれています。このことから絵のモデルとなった機体は日本航空輸送株式会社の「ダグラスDC-2型旅客機 富士号」だろうと見当をつけました。
d0163575_19492962.jpg

日本航空輸送のDC-2型の最初の就航は昭和11年で、同社は「富士」のほか、「新高」「霧島」「愛宕」「阿蘇」「金剛」「筑波」「伊吹」の合計8機のDC-2型を保有し、国内路線のほか福岡-台北線などでも使用しました。

この表紙の場合、飛行機ばかりに眼が行きますが、実は主題は「富士山」のほうにあります。富士山と富士号をかけたんでしょうね、きっと。・・・で、本日の「科学画報 昭和11年8月号」は二つ特集があって、ひとつは「富士山の科学観察案内」、もうひとつは「北海道の皆既日食観測記」です。

皆既日食の主な記事は、科学画報主幹の原田三夫氏の「皆既日食観測実記」と東京中央放送局の小森幸正氏の「アマチュア天文家が語る女満別における皆既日食の観測」、それに筆者名が書かれていませんが「北海道大学におけるストラットン博士の講演」の三つです。ほかには、河喜多能直氏の「生光を入れた日食皆既写真」などの記事が2、3本あります。日食関連の写真は、グラビアに8ページ掲載されています。

ストラットン博士の講演は、6月29日に北海道大学理学部南講堂で大学職員学生向けに行われたもので、英国観測隊の観測目的と観測結果の報告です。通訳は北海道大学理学部の中谷宇吉郎博士が行っています。英国観測隊は上斜里で観測を行いましたが、皆既時、少し雲がかかっていて初期の目的を
完全には達成することができませんでした。

一方、原田三夫氏と小森幸正氏は、東京天文台と同じ女満別小学校の校庭で観測を行い、始終雲の去来に悩まされたものの観測は成功しています。

小森氏は日食当日は観測・撮影に専念されたようですが、実はこのときラジオの実況放送の計画が持ち上がり、氏はその準備に種々携わっています。実際の実況中継は札幌放送局のアナウンサーが行ったようで、この科学画報の特集号では中村重尚アナウンサーと三浦アナウンサーの2名だけ名前が挙がっています。

この昭和11年の北海道皆既日食は、海外からの観測隊と地元の人たちとの交流や日食前夜の新星発見などさまざまなエピソードを残していて、ひとつひとつ取り上げるときりが無いので、最後にマイナーなエピソードをこの特集号の最終ページの「編輯室より」からそのまま転記します。

筆者は原田三夫氏です。

「観測所は妨害にならぬため、一般の人々の近づくことが厳に警戒され、文部省から下附された青い腕章を巻いた記者の他は、入場を禁ぜられていたのですが、私はそれを入手できなかったので、白布に「科学画報」と墨書した腕章を巻きました。警戒の青年団員は不審に思いつつも、何か特別な人物
だと思ってか、とがめるものはありませんでした。」


科学画報 第二十五巻 第八号
発行所:誠文堂新光社
発行日:昭和十一年八月一日
定価 八十銭(送料三銭)
19×26cm/168ページ(広告ページ除く)

(明日以降、この特集号のグラビアページの観測風景の写真を載せます。)
[PR]
さて、去年の日食当日、前日からの絶望的曇り空は一向に変わらず、雨が降ってないのがせめてもの救い。初めての土地ということもあって、太陽の出てる方角さえよくわからず、子供たち(もう大人ですが)はまったく見当違いの空を見上げている始末。

時計を見ながら「今、始まったヨー」とか「今、半分まできたヨー」などと声をかけて実にむなしい限り。それでもあたりがだんだん暗くなっていくのがよくわかり、ものすごくやかましく鳴いていたワシワシ(クマゼミですね)が少しづつ静かになり、最大食の時は1匹を除いて完全に沈黙してしまった。

この1匹は、いつまでもいつまでも鳴いていた。まったくどこの世界にもまわりの状況が把握できないヤツがいるもんだ。(因みに、することもないので、周囲の暗さとセミの鳴き声の変化を克明に記録した。おかげで小学生の夏休みの宿題のようなのが出来上がった。)

ところがです、最大を過ぎたあたりから雲が薄くなり、ぼんやりながら欠けた太陽がチラリチラリ見え始め、ついには雲のない完全な青空が見えるまでになったのです。

これもひとえに日食の神様に祈りを捧げたからに違いありません。下の画像が日食の神様です。今回の日食撮影行で一番よく撮れた写真です。
d0163575_20572876.jpg

鹿児島県指宿市ふれあいプラザ なのはな館にて「食分97.4%の日食の神様の図」
[PR]
明日の22日で、昨年の皆既日食から丸一年。
皆既食のあと2週間くらいは、皆既のときの様子や帰りに立ち寄った観光地のことなどが、家族間や友人との間で話題に上っのですが、その後はまったく話題にすることもなく、ほぼ一年間、完全に意識の外でした。

ところが、数日前の梅雨明けの前後あたりから、昨年の今頃のことが思い出されるようになってきました。どうやら昨年の皆既食と梅雨明けの有無がセットになって記憶に残っているようです。

皆既日食当日のことは明日以降にするとして、本日は日食がらみで何か別のものを、と思ってすぐに思い浮かんだのが、下記の画像の昭和11年6月19日の「北海道皆既日食」の記念印付きハガキ。

記念印は5種類あるので、その5枚を並べてみました。
d0163575_19502361.jpg

みんな一緒じゃないか、と思うでしょうから2枚だけ拡大します。国内・国外からの主な観測隊が拠点とした五ヶ所別々の地名が入っているのが分かると思います。
d0163575_1951149.jpg
d0163575_19511944.jpg

女満別は東京天文台の早乙女博士を中心とした観測拠点、上斜里は英国のストラットン、アストン、ロイヅ博士(インド・コダイカナル天文台長)らを中心とした観測拠点でした。五つの黒丸はそれぞれの観測拠点を示しています。
上斜里・女満別・網走・中頓別・枝幸です。
[PR]
梅雨明け以来、決まって午後遅くから夕立。時には雷を伴って激しく、時には一瞬の通り雨程度に。
毎日少しばかり人々を慌てさせたあと、ゆっくりと黒雲は去り、やがて日没。

空中の塵もすっかり洗い落とされ、空には連日、星、星、星。特に昨晩は、宵のうちは月明かりがあったものの、月が傾くにつれて次第に星々の輝きが増し、天の川もくっきり現れた見事な星空だった。

さて、今晩はどうだろう。

画像は、「THE MIDNIGHT SKY」の55ページより、「AT LONDON, LOOKING SOUTH, JULY 15,」で、こと座、わし座付近の天の川。深夜12時のロンドンの星空です。
d0163575_20574454.jpg


THE MIDNIGHT SKY
FAMILIAR NOTES ON THE STARS AND PLANETS

by EDWIN DUNKIN
NEW AND REVISED EDTION

LONDON, THE RELIGIOUS TRACT SOCIETY, 1879
20×28.5cm/340P
[PR]
まず、画像をご覧下さい。2冊とも「星と話そう 宇宙今昔物語」なのですが、左側は昭和48年2月10日発行の第1刷、右は同じ年の11月1日の日付の第2刷です。第1刷の装釘は漫画家の鈴木義司さん(1928-2004年)で、第2刷の装釘は上田晃郷さんです。(本体の表示ではどちらも装釘者は鈴木義司さんになってます。カバーを除くと表紙はどちらも鈴木さんの同じイラスト。つまり、カバーだけ変えたようです。)
d0163575_1552957.jpg


初版を発行したのち、本の内容の一部を書き換えたり、図版を差し替えたりの改訂版などでは装釘を変えるというのはよくあることです。また、最初の発行からある程度年数を経たときなど、内容は変わらずとも装釘を変えて新装版として発刊するということもよくある話です。

しかし、本日の「星と話そう 宇宙今昔物語」は、初版から一年もたっていないうちに最初とは全く違うデザインです。しかもまだ2刷で、本の内容構成は全く同じです。非常に稀なケースとは言いませんが、普通はこのくらいの間隔では、そうそう変えないものです。

過日、書誌学者の林望さんの「一日限りの書誌学講座」を聴講する機会がありました。予定時間を大幅に超えての熱の入った講義で、皆さん熱心に聞き入っていました。ひと通り講義が終わったのち、私は「プロの書誌学者は年代的にどのくらいまでを対象とするのか」を林先生に問いました。

林さんは「区分を設けるのは非常に難しく、場合によっては明治・大正頃まで調査するが、一応、百万塔陀羅尼(奈良時代・現在確認されている世界最古の印刷物)から江戸時代までを扱います。」と答えてくださいました。

予想通りの答えで、膨大な書物の量を考えれば江戸時代までが妥当なところでしょうが、実際、古書を扱っていて明治・大正はおろか、昭和20年代30年代でも書誌学的に見てすでに分からなくなっていることはたくさんあります。

本日の「星と話そう 宇宙今昔物語」の表紙の違いを書誌学的にうんぬんするのは、あまりにも大げさですが、ちょっとした違いを見つけ出すことも書物を物質として保持する行為において、ささやかな楽しみのひとつであります。

星と話そう 宇宙今昔物語
著者:宮本正太郎
装釘:鈴木義司
本文カット:宮本由紀子
発行日:昭和四十八年二月十日 第1刷
    昭和四十八年十一月一日 第2刷
発行所:PHP研究所
定価 580円
13×19cm/263ページ
[PR]
本日の「子供の天文学」の表紙絵、凄みさえ感じさせられる絶景です。
生命が誕生する前の静寂感、あるいは全生命が絶えたあとの限りない静けさ。
眼下はるかに山々が連なり、中空には暗黒の太陽。この世にあるものは、ただ移り行く時間のみ。
神々の視点というものがあるとすれば、このようなものでしょうか。

素晴らしい景色とは、独占したいという心と一緒に感動を得たいという心がないまぜになるもの。
もし、全宇宙でこの絶景を見るもの我れ一人であったなら、はたしてこの光景に耐えられるでしょうか。その一人が私であれば、孤独感がつのるばかりのような気がします。
d0163575_21222283.jpg

さて、各地で梅雨の末期特有の豪雨に見舞われましたが、昨年の今頃も同じような状況でした。
違うところは只ひとつ、来るべき皆既日食への期待感でした。我が家では、かなり前から皆既をみるべく屋久島渡航を決めてたのですが、あれやこれやでフェリー確保と宿確保に出遅れ、昨年のちょうど今頃は、かなりあせってアチコチ電話を掛け捲っていたところです。

いろいろ手を尽くしたのですがお金を尽くさなかったので、結局、島への上陸はあきらめ、鹿児島県の先端まで南下することにしました。家族みんなで、です。やはり絶景は共有したいもの。

子供の天文学
著者:山本一清
発行所:恒星社
発行日:昭和十七年八月五日 初版5000部
再版発行:昭和十八年一月十日 1000部
印刷日:昭和十七年八月二日
13.5×18.5cm/264ページ
定価:2円30銭

非常に残念なことに、この表紙絵の作者名が書かれていない。
是非とも知りたいところです。
[PR]
降り止まぬ雨のなか、我が家から車で10分たらずの閑静な住宅地にお住まいのリュート奏者大竹さんのお宅にお邪魔しました。

さっそく玄関脇の書斎にてひとしきり書物談に耳を傾け、続いて奥にあるもう一つの書斎で、いつもながらにとても美味しい珈琲を頂きました。二つの書斎とも四方壁面はすべて書物で埋まっていて、書籍が放つエネルギーに圧倒されるのですが、物質的にこちらに迫ってくるというのでは無く、書物に暖かく包まれているというような感じでとても居心地のよい空間となっています。

大竹正祥さんは、リュート奏者にして「大乃井音楽図像学研究所」を主宰する図像学の研究家でもあります。玄関脇の書斎には、山岳や篆刻や書道、お茶、料理、映画や紀行の本などさまざまなジャンルの書籍が並び、ご興味の範囲の広さを示すに十分な蔵書の数々ですが、奥の書斎は雰囲気が一変して、専門分野の書籍に埋め尽くされています。

ヨーロッパ中世の宮廷音楽の専門書や楽譜をはじめとして、神学、神話学、神智学、哲学、暗号学、中世思想史、建築史、美術史、そのほかデモーニッシュな本、本、本に理趣経解説書など仏教関係書に古事記、日本書紀、中世説話集、等々々。すべて、図像学研究のための参考書だそうです。
d0163575_0404554.jpg

どの本も圧倒的存在感を放っていますが、まったく息苦しさを感じさせないのは、装釘も含めてこれらの本の質の高さと体系的に集められていることにあると思います。そして、空間にみたされた珈琲の香りとやさしいリュートの調べ。至福のひと時でした。
d0163575_041451.jpg

画像は、大竹さんの蔵書の一部でドイツ後期バロック時代のリュートの作曲家・奏者シルヴィウス・レオポルト・ヴァイス(1687-1750年)のタブラチュアと呼ばれる記譜法で書かれたリュートの手稿譜、つまり、手書きの楽譜で、「ドレスデン手稿譜」と呼ばれるもの。

五線譜ではなく六線譜に書かれ、弦を押さえる指のポジションが記号によって表示されている。
d0163575_0412759.jpg
第二次大戦のドレスデン爆撃の難を逃れた譜面のファクシミリ版(作曲家の自筆譜や初期の版をそのままコピーしたもの)です。
[PR]
獅子宮

十月の空澄めり。
明け方の獅子宮を見しか。

うす闇の天鵞絨のかげ
白き金星(ヴエヌス)
赤き火星(マルス)と
慇懃を通じたり。

遠く土星(サチュルヌ)
なほ遠く木星(ジュピテエル)
その上に弦月かかる。

十月の空澄めり。
明け方の獅子宮を見しか。
d0163575_2120656.jpg

堀口大学詩集「星を釣る」より「獅子宮」

堀口大学詩集「星を釣る」新選詩人叢書 第二輯
著者:堀口大学
発行所:ちまた書房
発行日:昭和二十一年八月三十日 初版
印刷日:昭和二十一年八月二十五日
定価:六円
13×18cm/62ページ

d0163575_21203899.jpg


装丁/恩地孝四郎
カット/田中青坪
[PR]